国 外来的生物による、侵略

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-09-06 (日) 14:30:17
  • 段階、参照:

趣旨

 本邦の生態系を、脅かすにも、至る、『外来生物の脅威』を、広く、一般人が、公害と、同等に、把握を、行う、必要が、有ると、判断。

 また、生態系の変化は、人の生活にも、影響を、及ぼすので、脅威と、成る、事も、有るので、「義務的教育の過程でも、相応の学習が、必要」(『(A)愛玩の動物、(B)観賞用の植物、(C)食用の生物』、等の扱い)とも、想える。

 よって、『(あ)事情の把握、(い)相応な防御の対策』を、国家に、求める。

補足 本邦の習性
 本邦は、『(a)他国からの影響を、被る、事』(工作性の有無を、問わず)が、多く、『(b)平成の天皇(で)も、魚の件、等で、問題を、生じさせて、いる、程』で、本邦の国民性を、改める、必要が、有る。
(a)他国からの影響を、被る、事
 『(弌)異文化交流、(弐)商業の戦略的な展開』、等の影響で、生じ、表見上で、流行と、解されるように、工作される、事も、有る。  
(b)平成の天皇(で)も、魚の件、等で、問題を、生じさせて、いる、程
 平成の天皇は、『魚類』、等の研究に、着手を、行って、いる、事が、一般に、知られて、いるが、「失敗も、生じて、いる」と、判断するに、至って、いる。
事例 魚類 Bluegill
 平成の天皇が、後に、公で、謝罪するにも、至って、いる、程。
 陛下の過失を、問うよりも、外にも、多くの生物が、本邦内で、侵略の活動を、行って、いる、事情の把握と、「陛下ですらも、、、」と、言う、本邦の国民性を、改める、必要性が、求められて、いる、、、象徴(反面教師)と、成って、いる。
 故に、僕は、「児童期の教育が、重要視される」と、判断するにも、至る。

 なお、「本課題で、示す、外来的生物とは、「全ての生物が、対象」と、成る。

関する、課題

簡易の調査

 後に、着手を、行う、思いだっが、偶然に、『外来生物』で、検索を、行うと、「公の機関、等で、専用の頁が、有る、程に、深刻な状態に、陥って、いる」と、判明。

公共(国家、地方の行政、等)の機関

令和02(皇紀 2680;2020)年09月06日 現在

報道

令和02(皇紀 2680;2020)年11月02日 現在

令和02(皇紀 2680;2020)年09月06日 現在

学習

令和02(皇紀 2680;2020)年09月06日から、08日

  • 外来生物大集合! おさわがせ いきもの事典
    • 加藤 英明 監修 - 高橋書店

関する、法規

特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律

  • 電子的政府
    • 公布
      • 平成二十六年六月十三日
    • 改正
      • 平成二十六年 法律 第六十九号

第一条(目的)

 この法律は、特定外来生物の飼養、栽培、保管又は運搬(以下「飼養等」という。)、輸入その他の取扱いを規制するとともに、国等による特定外来生物の防除等の措置を講ずることにより、特定外来生物による生態系等に係る被害を防止し、もって生物の多様性の確保、人の生命及び身体の保護並びに農林水産業の健全な発展に寄与することを通じて、国民生活の安定向上に資することを目的とする。

第二条(定義等)

 この法律において「特定外来生物」とは、海外から我が国に導入されることによりその本来の生息地又は生育地の外に存することとなる生物(その生物が交雑することにより生じた生物を含む。以下「外来生物」という。)であって、我が国にその本来の生息地又は生育地を有する生物(以下「在来生物」という。)とその性質が異なることにより生態系等に係る被害を及ぼし、又は及ぼすおそれがあるものとして政令で定めるものの個体(卵、種子その他政令で定めるものを含み、生きているものに限る。)及びその器官(飼養等に係る規制等のこの法律に基づく生態系等に係る被害を防止するための措置を講ずる必要があるものであって、政令で定めるもの(生きているものに限る。)に限る。)をいう。

二項
 この法律において「生態系等に係る被害」とは、生態系、人の生命若しくは身体又は農林水産業に係る被害をいう。
三項
 主務大臣は、第一項の政令の制定又は改廃に当たってその立案をするときは、生物の性質に関し専門の学識経験を有する者の意見を聴かなければならない。

第三条(特定外来生物被害防止基本方針)

 主務大臣は、中央環境審議会の意見を聴いて特定外来生物による生態系等に係る被害を防止するための基本方針の案を作成し、これについて閣議の決定を求めるものとする。

二項
 前項の基本方針(以下「特定外来生物被害防止基本方針」という。)は、次に掲げる事項について定めるものとする。
一号
 特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する基本構想
二号
 特定外来生物の選定に関する基本的な事項
三号
 特定外来生物の取扱いに関する基本的な事項
四号
 国等による特定外来生物の防除に関する基本的な事項
五号
 前各号に掲げるもののほか、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する重要事項
三項
 主務大臣は、特定外来生物被害防止基本方針について第一項の閣議の決定があったときは、遅滞なくこれを公表しなければならない。
四項
 第一項及び前項の規定は、特定外来生物被害防止基本方針の変更について準用する。

第四条(飼養等の禁止)

 特定外来生物は、飼養等をしてはならない。ただし、次に掲げる場合は、この限りでない。

一号
 次条第一項の許可を受けてその許可に係る飼養等をする場合
二号
 次章の規定による防除に係る捕獲等その他主務省令で定めるやむを得ない事由がある場合

第五条(飼養等の許可)

 学術研究の目的その他主務省令で定める目的で特定外来生物の飼養等をしようとする者は、主務大臣の許可を受けなければならない。

二項
 前項の許可を受けようとする者は、主務省令で定めるところにより、主務大臣に許可の申請をしなければならない。
三項
 主務大臣は、前項の申請に係る飼養等について次の各号のいずれかに該当する事由があるときは、第一項の許可をしてはならない。
一号
 飼養等の目的が第一項に規定する目的に適合しないこと。
二号
 飼養等をする者が当該特定外来生物の性質に応じて主務省令で定める基準に適合する飼養等施設(以下「特定飼養等施設」という。)を有しないことその他の事由により飼養等に係る特定外来生物を適切に取り扱うことができないと認められること。
四項
 主務大臣は、第一項の許可をする場合において、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止のため必要があると認めるときは、その必要の限度において、その許可に条件を付することができる。
五項
 第一項の許可を受けた者は、その許可に係る飼養等をするには、当該特定外来生物に係る特定飼養等施設の点検を定期的に行うこと、当該特定外来生物についてその許可を受けていることを明らかにすることその他の主務省令で定める方法によらなければならない。

特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令

  • 電子的政府
    • 公布
      • 平成二十九年十一月二十七日
    • 改正
      • 平成二十九年 政令 第二百八十八号

前文

内閣は、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(平成十六年法律第七十八号)第二条第一項及び第二十六条第一項の規定に基づき、この政令を制定する。

第一条(政令で定める外来生物)

 特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(以下「法」という。)第二条第一項の政令で定める外来生物は、次に掲げる生物とする。

一号
 別表第一の種名の欄に掲げる種(亜種又は変種を含む。以下同じ。)に属する生物
二号
 別表第二の種名の欄の左欄に掲げる種に属する生物がそれぞれ同表の種名の欄の右欄に掲げる種に属する生物と交雑することにより生じた生物(その生物の子孫を含む。)

第二条(個体に含まれるもの)

 法第二条第一項の個体に含まれる政令で定めるものは、胞子とする。

第三条(政令で定める外来生物の器官)

 法第二条第一項の政令で定める器官は、別表第三の種名の欄に掲げる外来生物の種の区分に応じ、それぞれ同表の器官の欄に定める器官とする。

第四条(特定外来生物被害防止取締官の資格)

 法第二十六条第一項の政令で定める要件は、次の各号のいずれかに該当することとする。

一号
 通算して三年以上生物による生態系等に係る被害の防止に関する行政事務に従事した者であること。
二号
 学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)に基づく大学若しくは高等専門学校において生物学、農学、林学、水産学、造園学その他生物による生態系等に係る被害の防止に関して必要な課程を修めて卒業した者(これらを修めて同法に基づく専門職大学の前期課程を修了した者を含む。)又はこれと同等以上の学力を有すると認められる者であって、通算して一年以上生物による生態系等に係る被害の防止に関する行政事務に従事したものであること。

特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行規則

  • 電子的政府
    • 公布
      • 令和元年六月二十八日
    • 改正
      • 令和元年 農林水産省・環境省令 第四号

前文

 特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(平成十六年法律第七十八号)及び特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令(平成十七年政令第百六十九号)の規定に基づき、並びに同法を実施するため、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行規則を次のように定める。

特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律の施行に伴う経過措置に関する政令

前文

内閣は、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(平成十六年法律第七十八号)附則第三条の規定に基づき、この政令を制定する。

第一条(学識経験を有する者の意見の聴取の特例)

 特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(以下「法」という。)第二条第一項の政令の制定の立案については、主務大臣は、法の施行の日(次条において「施行日」という。)前においても生物の性質に関し専門の学識経験を有する者の意見を聴くことができる。

第二条(飼養等の許可に関する経過措置)

 法第五条第一項の許可を受けようとする者は、施行日前においても、同条の規定の例により、その許可の申請をすることができる。

二項
 主務大臣は、前項の規定により許可の申請があった場合には、施行日前においても、法第五条の規定の例により、その許可をすることができる。この場合において、同条の規定の例により許可を受けたときは、施行日において同条第一項の規定により許可を受けたものとみなす。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-22 (日) 17:10:15 (54d)