国 旅券の発行を、どの機関が、行って、いるのか

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-09-24 (木) 15:02:07
  • 段階、参照:

趣旨

 外国籍の者による、犯罪が、だいぶ前から、増加の傾向に、有る。

 その主原因と、判断を、行える、「入国の許可を、どの機関が、行って、いるのか」の確認を、行う。

 なお、原因の部署を、確認後、対策案の検討を、行う。

関する、課題

関する、事件

確認

法務省 出入国在留管理庁 総務課 広報 第三係 - 令和02(皇紀 2680;2020)年09月24日

外国政府 国 警告が、発行する、身分証明書、旅券。

日本国 日本人だけ

  • 査証( ビザ )の取得が、標準、国籍の政府 - 外務省
    • 受け入れ側の国が、発行。
      • 大使館、領事館が、発行。
      • 免除 (丙)の場合に、のみ。

出入国管理及び難民認定法

第二章 第二節 外国人の上陸

  • 法務省 大臣官房 会計課 庶務係 交換の 構成管理官
  • 語句

概要

(一)
 旅券( Passport )の発行は、どの機関で、行われて、いるのか。

(ニ)
 『(甲)長期、(乙)中期、(丙)短期』の許可は、どのような審査が、行われて、いるのか。

概要

外務省 領事局 外国人課 総務班 - 令和02(皇紀 2680;2020)年09月24日

(一)

(ニ)
 法律、等を、解る、者に、代わります。

確認の返答
 上司に、成ります。
補足への返答
 はい。

概要

(一)
 『外国人研修生を、受け入れる、企業の認証(適正)を、制度化』(対策案の説明)。

(ニ)
 既に、憲法、法律、等を、前提と、する、法務省 出入国在留管理庁 総務課 広報 第三係 へと、伝えて、いた、『対策案』を、説明。

確認
 誰(どのような職制の者)に、変わるのか。
補足
 「本日は、もう遅い時間なので、後日に」と、想って、いるが、現状(遅くまで、対応を、行って、もらって、いる、詫び)を、含めて、後日にと、問い合わせる、内容を、短時間で、伝えようと、思う」が、好いか。

外務省 領事局 外国人課 総務班 班長 - 令和02(皇紀 2680;2020)年09月24日

 対応の強制的中断。

(ニ)
 (A)何で、規制を、行うのか、(B)我々は、規制に、無い、事を、自治体、等にと、求める、事は、不可能だ。

逃げ口上
 もう、こんな時間なので、、、。(中断、及び、応対の拒絶)

概要

(一)
 『外国人研修生を、受け入れる、企業の認証(適正)を、制度化』(対策案の説明)。

(ニ)
 既に、憲法、法律、等を、前提と、する、法務省 出入国在留管理庁 総務課 広報 第三係 へと、伝えて、いた、『対策案』を、説明。

追撃
 憲法 前文 第二段落目の程度で、事が、足りて、いる。

外務省 領事局 外国人課 総務班 班長の応対

 『相手の感情を、高ぶらせ、激高させた、後に、拒絶を、行う、工作』(侮辱を、試みる、工作:以下、『侮辱への工作』と、記す)は、「裁判所でも、裁判官、書記官、等が、公然と、用いる」(工作の手口)と、十数年も、前から、認識を、行って、おり、『以前から、警戒を、行って、いた』が、外に、警察官(警視庁、同管轄下の八王子署、南大沢署、立川署)、等でも、『同じ、手口を、用いる、事』の確認を、行って、いる。

 また、特定の大学(早稲田、中央、東京、明治、慶応)を、警戒するに、至って、いた。

 よって、「違憲、違法の観点から、被った、損害(慰謝料、賠償、等)を、公然と、国へ、請求を、行う」が、その事件は、『僕と、国の紛争』で、あって、「他国民からの支援、同調、等を、求めて、無い、事」も、ここに、記す。

 なお、『外務省 領事局 外国人課に、伝えるべく、内容』(対策案)は、『総務省 行政評価局 行政相談管理室』へと、「(あ)苦情を、兼ねて、これ迄の経緯を、全て、伝え、(い)簡易的な不良公務員の駆逐、排除」を、試みる。

再確認、及び、対策案

法務省 出入国在留管理庁 総務課 広報 第三係 - 令和02(皇紀 2680;2020)年09月25日

概要

(一)

(ニ)

警察庁 長官官房 総務課 広報室 - 令和02(皇紀 2680;2020)年09月25日

概要

代替策

 総務省 行政評価局 行政相談管理室へと、「(あ)苦情を、兼ねて、これ迄の経緯を、全て、伝え、(い)簡易的な不良公務員の駆逐、排除」を、試みる。

牽制(けんせい)

思想的な工作を、阻止

 本邦の民に、特定国へ、偏見を、抱かせる、『仕込み形式』(数年から、数十年を、見越す、範疇での工作)を、感知。

仕込み形式
 「(A)特定国からの入国を、過剰に、許可を、行った、後、『入国者(永住者、帰化人、等を、含む)、及び、その子孫が、本邦内で、何だかの犯罪に、着手を、行う、だろう、事』が、想定されて、いた」ような状況を、仕掛けられて、いた、可能性が、有る。
仕掛け
 「特定の国(又は、種族)から、過剰に、入国の許可を、行えば、『当然に、本邦の倫理性が、低下に、至る、事』が、想定されて、いた」と、想える。
対象の国
 近年では、『(Ⅰ)中華人民共和国(台湾、香港を、含む)、(Ⅱ)朝鮮の南北、(Ⅲ)ئۇيغۇر (ウイグル)、(Ⅳ)Cộng hoà Xã hội chủ nghĩa Việt Nam(ベトナム社会主義共和国)、(Ⅴ)República Federativa do Brasil(ブラジル連邦共和国)』からの入国者が、『統計的な観点から、脅威に、成って、いる、事』が、解って、いる。
対策
 『(ⅰ)過剰な入国の許可』、『(ⅱ)本邦内で、過剰な出産』の抑制を、行う、事が、重要と、判断。
(ⅰ)過剰な入国の許可
 「入国の許可を、行った、後、犯罪に、着手を、行って、迄も、本邦に、留まる、方が、利益性が、高い」との状況は、『経済(文化)性』の観点から、大いに、問題視されて、いる。
本邦の刑務所は、高級な別荘の如く
 例えば、「中華人民共和国で、数十 Kg の覚醒剤を、扱った、後に、刑事で、逮捕されれれば、死刑に、成る」と、想えるが、『本邦内だと、有期刑(最短ならば、数年で、釈放:模範囚、等に、成った、場合)される』との事情からも、解る、通り、「本邦と、相手国で、『刑罰の違い(差異)』から、同じ、犯罪の手口でも、『罪の重さ、及び、罰』に、違いが、生じて、いる、関係で、『犯罪に、着手を、行い、刑事罰に、処されても、本邦での(刑務所)生活は、母国と、比較に、成らない、程に、良い』との事情が、生じて、いる」との事が、解って、いる。
 よって、以前から、「警戒を、行って、いた」が、国家に、改まりが、無い
(ⅱ)本邦内で、過剰な出産
 「充実性の高い、福祉、等の関係から、『本邦内で、出産、育児』を、行う、心境を、抱くのかと、想える」が、「本邦の民における、出生率は、一つの家庭で、1.5人よりも、低い、状態」と、成って、いる。
 その反面で、「本邦での生活は、快適」と、誤認を、行う、事で、在日外国人の多産が、生じつつも、後に、就業の問題、等から、不良化する、事例は、本邦に、限らず、先進な各国で、生じて、いる、経済性問題と、成って、いる。
 よって、本邦では、「(一)入国』、『(ニ)入植』の規制が、必要だ」と、解るのかと、想える。
 なお、「誕生するに、至った、子供達が、出生の前に、『自らが、将来、犯罪者と、成る』と、解って、いたら、望んで、産まれて、きたか」も、問われ、親の責任も、重要視されて、いる。
宗教、等
 宗教、思想の影響で、多産に、至って、いる、場合も、有る。
Ecclesia Catholica(Wikipedia
 一時期に、『多産の推奨』から、『僕が、公然と、敵対の表明を、行って、いた』が、後に、教皇が、「ウサギのように、多産な必要は、ない」(AFP BB NEWS)と、表明を、行ったので、敵対の意識を、解除。

参考の動画

留意
 刑務所の映像からも、判る、通り、『囚人の国籍が、異なる、事』も、有る。
捕捉
 刑務所内での『 Gang(ギャング) 派閥』も、各国で、問題視されて、いる。

民事

 『(A)Yahoo!auction を、介する、形式で、損害を、被った、事件』の関連で、『(B)国を、被告に、損害賠償請求』を、起訴。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-01-19 (火) 19:08:22 (5d)