最高裁判所 人材の教育(準備に、伴う、十五分前の行動)

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-09-25 (金) 15:47:06
  • 段階、参照:

趣旨

 以前から、東京 地方 裁判所 立川支部 民事に、「別(次)の業務が、開始される、15分前には、対応を、行うな」(例えば、改定に、伴う、立会、等)との注意、指導、傾向を、行って、いたが、改まって、無い。

補足 - 追記 令和02(皇紀 2680;2020)年09月27日
 数年前から、注意、指導、傾向を、行って、いる。
工作性
 故意に、応対を、行い、『時間が、過ぎてから、「もう、次の、、、」っと、切り出す」のは、人材の僻と、思って、居たが、長期の観察から、『(A)特定者に、限って、いる』、『(B)改まる、事が、無い』、『(C)罷免の請求を、行っても、改まる、事が、無く、罷免にも、成って、無い』との事から、『黙認された、工作の行為』と、暫定。
黙認された、工作の行為
 実は、同等の経験を、『(a)内閣府 総理大臣官房、(b)警視庁、(b)八王子警察、(c)立川警察、(d)数年前(現在では、改まって、いる、傾向に、有る)の立川市役所、(e)東京 地方 裁判所 立川支部(旧 八王子支部では、生じて、無い)、(f)外務省』で、体験を、行って、おり、それらの特徴に、『(弌)故意に、相手から、対話を、引き伸ばされての事』、『(Ⅱ)相手を、興奮、憤慨させた、後に、強制的中断、遮断を、試みる』(つまり、侮辱を、試みる:相手の理性、等の精神を、破壊を、試みられて、いる)が、有る。
また、初対面での体験では、「偶然か」と、想うが、「対話の分析を、行うと、ほぼ計算、計画的に、行って、いる」との特徴も、有る。
 よって、『(ⅰ)教育の不足から、生じる』、『( ⅱ)工作によって、生じる』とでは、区別を、行いつつも、『(ⅰ)』の根絶を、試みながら、『(ⅱ)』を、行って、いる、者の索敵を、行い、駆逐、排除を、目論む。
 なお、前例の通り、「既に、数年前から、『(a)、乃至、(d)』を、対象に、対策を、試すに、至って、おり、録音の証拠を、前提に、改善の請求を、行って、いるが、『(b)、(e)』に、限っては、改まって、無い」のも、特徴的で、故に、『組織的な工作性を、暫定』するに、至って、いる。

 また、「30歳以上と、想われる、職員で、生じて、いる」との特徴も、有り、逆に、「30 歳以上の未満では、『(A)生じたり、(B)生じても、悪化するに、至る、事が、無い』」と、判断(体験上の判断)。

 よって、『30歳以上の人材に、接遇の再教育を、行う、事』を、再々と、成るが、求める。

改善の請求

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和02(皇紀 2680;2020)年>09月25日

(一)

証拠の扱い
 口頭で、ご説明を、下さい。

概要

(一)
 「事件の番号、東京 地方 裁判所 立川支部 民事 令和元年(ワ)第1500号の担当書記官へと、連絡を、行った」時に、『(1)15分後に、別の業務が、有るにも、関わらず、電話での応対に、応じ』、『(2)且つ、単純な連絡を、複雑化へと、誘導を、行われ』、『(3)「次の業務が、有る、から」、等と、相手を、更に、焦らせ』(る、事で、「更に、相手が、うまく表現を、行えなく、させる」ように、追い込む)、『(4)次の業務への支障を、故意で、発生させる、試み』(「業務に、支障が、生じたのは、あなたによって、引き起こされた」と、相手の心情に、害を、及ぼす、行為:「民間の接遇における、教育では、禁止」と、成って、いる)を、被った」と、判断。

証拠の扱い
 その証拠(音声が、有る)が、確認を、この場で、『行う』(聞く)か。 
警告
 では、「証拠の明示に、伴い、改善の検討が、行われる、見込みは、無い」と、判断するに、至り(最高裁判所から、侮辱を、被ったと、判断)、損害賠償請求を、行う。

(ニ)
 民間で、人材に、教育を、行う、及び、職場の環境では、『 ISO、等の基準』も、起用されて、いるが、それに、明らかに、劣って、いる。

(三)
 なお、「東京 地方 裁判所 立川支部 民事 第一部(主任書記官 二名、並びに、数名の書記官)に、以前から、接遇の観点で、注意を、行って、いる」が、改まりが、無い。

 また、悪意を、感じる、観点から、実験で、罷免の請求を、行ったが、それでも、改まりが、無い。

 更に、「上官の次席書記官、支部長 裁判官をも、罷免の請求を、行う、事をで、改まるのかと、試みた」が、改まりが、無い。

 外にも、「現状では、警察庁、外務省でも、特徴的な対応を、体験するに、至って、いる」が、故に、「本年度から、公認(黙認)されて、いる、工作の手段」と、暫定。

 よって、『行為者の特定、及び、公務からの駆逐、排除を、試みて、いる、状態』に、有る。

 なお、これ迄に、「30歳未満と、想われる、世代では、生じて、無い」との特徴も、有って、「新規人材への教育は、十分」と、想えても、30歳以上の世代で、生じて、いる、「教育(能力)の欠乏を、どのように、補うのか」は、人事教育的な問題と、判断するに、至る。

 

  • 語句
    • ISO( International Organization for Standardization:国際標準化機構)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-27 (日) 15:15:07 (33d)