国 外国人の留学、技能実習生、外労働者の受入を、規制

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-09-25 (金) 18:07:45
  • 段階、参照:

趣旨

(編集中)

主原因の課題、及び、関連の課題

関する、課題

改善の請求、及び、対策案

法務省 出入国在留管理庁 総務課 広報 第三係 - 令和02(皇紀 2680;2020)年09月25日

概要

(一)

(ニ)
 対策案。

警察庁 長官官房 総務課 広報室 - 令和02(皇紀 2680;2020)年09月25日

 中断、及び、拒絶。

概要

 これ迄の過程を、説明。

代替の対処

 警察庁側の応対者(女性と、想えるが、正確性の観点では、不明)は、「(A)憲法、法律、等の知識が、無く、(B)その説明、等で、時間を、費やすに、至って、いた」のにも、関わらず、「(a)本題を、伝えて、下さい」、等と、因縁を、付けられ、「(b)本題を、言わないのならば、、、」と、主張を、行い、対応を、中断、拒絶を、被った。

 つまり、「僕は、警察庁 長官官房 総務課 広報室から、侮辱を、被った」と、暫定。

 よって、『(甲)損害賠償請求』、並びに、『(乙)該当の人員を、排除の請求』、及び、『(丙)該当の人員における、上司の責任を、追求』を、行う。

 なお、「国家公安委員会の思惑(目論見)で、外国人の犯罪を、黙認、助長」とも、暫定するに、至る。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-14 (水) 12:44:41 (10d)