民事 警察庁の人材が、『法規に、無知』で、侮辱を、被った、等

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 着手、係争中
  • 種別: 自由な研究/訴訟
  • 投稿日: 2020-09-26 (土) 23:52:49
  • 段階、参照:

趣旨

 以前から、警察庁に、注意、指導、警告を、行っていたが、改まりが、無い。

 また、総務省を、経由する、形式でも、苦情を、行って、いたが、改まって、無い。

 更に、今回の事件では、『』に、関する、重要な内容と、成って、いた(既に、法務省 出入国在留管理庁 総務課 広報 第三係には、伝えて、いる)が、それを、違憲、違法にと、拒絶されて、いる。

 よって、過去からの観点からも、「(あ)警察庁 性質が、違憲、不法と、判断するに、至り、(い)損害賠償請求を、行いながら、『()対象の人材、(イ)その上司』の責任を、追求、並びに、公務からの駆逐、及び、排除を、試みる。

補足
 本件の警察庁側における、言動は、『定番の口述』で、僕が、被害を、被ったのは、数回目と、成る。
 更に、本件からは、『外国人犯罪者の助長は、国家公安委員会の黙認(及び、目論見)によって、生じて、いる』(それによって、一般の民が、被害を、被って、いる)とも、暫定。
 日本国 憲法に、習い、『前出(甲)、乃至、(丙)』で、追撃を、試み、令和02(皇紀 2680;2020)年09月26日から、正当防衛体制を、整える。なお、『序に、警察庁内の高学歴(知性が、異常に、高く、等)で、精神病質性が、高い、者を、公務から、駆逐、及び、排除』も、試みる。

主原因の課題、及び、関連の課題

関する、課題

提訴の準備

訴状の作成、等


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-14 (水) 12:39:17 (16d)