国際 བོད་པ་を、「少数の民族」と、虚偽を、刷り込む、報道、等

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-10-04 (日) 12:36:58
  • 段階、参照:

趣旨

留意
 僕は、「中共国の共産的主義を、日本国へと、持ち込む、事」を、支持する、観点が、無い。(参考 国 ئۇيغۇر を、「少数の民族」と、虚偽を、刷り込む、報道、等 - 日誌/進捗/令和02年度/157 - 留意

 僕の判断だと、『(A)བོད་པ་』、『(B)བོད་རང་སྐྱོང་ལྗོངས།』は、少数の民族に、該当すると、判断を、行う、理由が、無い。

警戒
 人口の統計数から、『(あ)アイヌ人』、『(A)対馬の居住者』、『(B)佐渡ヶ島の居住者』、『(い)沖縄県の民』、『(C)Indian』(米国の原住民)よりも、人口が、多い。
参考 国 ئۇيغۇر を、「少数の民族」と、虚偽を、刷り込む、報道、等 - 日誌/進捗/令和02年度/157 - 趣旨
 なお、文章内の『ئۇيغۇر 』を、本節『(A)、(B)』に、置き換えて、解釈を、行う。

 よって、『(a)思想的』、『(b)政治的』な工作と、暫定するに、至り、観察、等を、行う。

 なお、ئۇيغۇر と、同じく、「少数の民族」と、主張を、行って、いる、新聞、雑誌、等は、『特定(特徴化)されて、いる』との状態。

  • 語句
    • བོད་(チベット情勢)
    • བོད་པ་(チベット民族)
    • བོད་རང་སྐྱོང་ལྗོངས།(チベット自治区)

関する、課題

世情の観察

報道

令和02(皇紀 2680;2020)年10月04日 現在

関する、法規

日本国 憲法

前文 第二段落目

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

第十二条

 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ

第二十一条

 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

二項
 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

刑法

  • 電子的政府
    • 公布
      • 平成三十年七月十三日
    • 改正
      • 平成三十年 法律 第七十二号

第七十七条(内乱)

 国の統治機構を破壊し、又はその領土において国権を排除して権力を行使し、その他憲法の定める統治の基本秩序を壊乱することを目的として暴動をした者は、内乱の罪とし、次の区別に従って処断する。

一号
 首謀者は、死刑又は無期禁錮に処する。
二号
 謀議に参与し、又は群衆を指揮した者は無期又は三年以上の禁錮に処し、その他諸般の職務に従事した者は一年以上十年以下の禁錮に処する。
三号
 付和随行し、その他単に暴動に参加した者は、三年以下の禁錮に処する。
二項
 前項の罪の未遂は、罰する。ただし、同項第三号に規定する者については、この限りでない。

第七十八条(予備及び陰謀)

 内乱の予備又は陰謀をした者は、一年以上十年以下の禁錮に処する。

第七十九条(内乱等幇助)

 兵器、資金若しくは食糧を供給し、又はその他の行為により、前二条の罪を幇助した者は、七年以下の禁錮に処する。

第八十条(自首による刑の免除)

 前二条の罪を犯した者であっても、暴動に至る前に自首したときは、その刑を免除する。

第八十一条(外患誘致)

 外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処する。

第八十二条(外患援助)

 日本国に対して外国から武力の行使があったときに、これに加担して、その軍務に服し、その他これに軍事上の利益を与えた者は、死刑又は無期若しくは二年以上の懲役に処する。

第八十七条(未遂罪)

 第八十一条及び第八十二条の罪の未遂は、罰する。

第八十八条(予備及び陰謀)

 第八十一条又は第八十二条の罪の予備又は陰謀をした者は、一年以上十年以下の懲役に処する。

第九十二条(外国国章損壊等)

 外国に対して侮辱を加える目的で、その国の国旗その他の国章を損壊し、除去し、又は汚損した者は、二年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。 2 前項の罪は、外国政府の請求がなければ公訴を提起することができない。

第九十三条(私戦予備及び陰謀)

 外国に対して私的に戦闘行為をする目的で、その予備又は陰謀をした者は、三月以上五年以下の禁錮に処する。ただし、自首した者は、その刑を免除する。

第九十四条(中立命令違反)

 外国が交戦している際に、局外中立に関する命令に違反した者は、三年以下の禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

第二百三十条(名誉毀 損)

 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀 損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

二項
 死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。

第二百三十条の二(公共の利害に関する場合の特例)

 前条第一項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。

二項
 前項の規定の適用については、公訴が提起されるに至っていない人の犯罪行為に関する事実は、公共の利害に関する事実とみなす。
三項
 前条第一項の行為が公務員又は公選による公務員の候補者に関する事実に係る場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。

第二百三十三条(信用毀損及び業務妨害)

 虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

第二百三十四条(威力業務妨害)

 威力を用いて人の業務を妨害した者も、前条の例による。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-23 (金) 03:24:55 (41d)