最高裁判所 電子掲示板を、係の単位で、設置

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-10-12 (月) 17:46:37
  • 段階、参照:

趣旨

 以前から、東京地方裁判所 立川支部 民事 訟廷に、「情報の伝達に、付いて、適切に、扱うように、注意、指導、等を、行って、いた」が、改まりが、無い。

 また、国家公務員法 第一条、第九十七条、等に、照らすならば、不法な状態と、成るが、その自覚も、無い。

 更に、時代的な観点で、公務の場を、想えば、不適切で、極まり、無い。

 よって、僕が、『約20年前に、民間の企業で、体験を、行った』(職務上の経験)から、『(あ)Intranet』、『(い)電子系指示場』を、求め、公務の効率化を、図る、事を、求める。

 なお、『(あ)、(い)』は、以前から、別件の類で、簡易に、伝えて、いた。

改善の請求

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和02(皇紀 2680;2020)年10月12日

(御意見、ご要望、等が、有った、事を)解りました。

概要

(一)
 Intranet の形式で、公務の効率化を、図る、事を、求める。

(ニ)
 また、「周知の事項、等は、電子掲示板を、用いて、行う」、等、今時代に、相応な公務の体制(『(あ)相応な環境』と、『(い)教育』)を、求める。

再確認

東京 地方 裁判所 立川支部 民事 三部 - 令和03(皇紀 2681;2021)年03月17日

(一)
 どの物を、意味するのか、『色々と、有る』ので、不明。

(ニ)
 了承。

概要

(一)
 以前に、「別の書記官から、『職員の連絡に、電子的家地盤が、用いられて、いる』と、聞いていた」が、第三部には、職員の連絡に、電子的掲示板が、用いられて、いるのか。

補足
 職員の個々が、記載を、行える、情報の共有を、行う、目的の電子的掲示板を、意味する。

(ニ)
 とりあえず、『確認を、行う、事』を、求める。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-03-17 (水) 19:10:52 (30d)