最高裁判所 録音の証拠を、一律で、聞かない

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-10-23 (金) 17:47:51
  • 段階、参照:

趣旨

事件

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和02(皇紀 2680;2020)年10月23日

概要

確認、及び、苦情

 別件での伝達が、有ったので、序に、確認と、苦情を、行った。

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 係長 - 令和02(皇紀 2680;2020)年10月23日

(一)
 録音された、音声は、「事情(状況:短い、内容、等)によっては、聞きます」が、「聞かない」と、言う、部署の方針は、有りません。

(ニ)
(ご意見、ご要望が、有った、事を、解った)はい。

概要

(一)
 事情に、応じて、「録音の音声を、証拠(事実の立証)を、職員に、聞かせる、事が、有った」が、『(A)それを、拒まれた、事』も、有り、個々の人材(職員)で、対応が、異なる、状況に、有る。

 また、「(B)録音の内容を、聞かないのは、部署の方針」とも、聞いて、いる。

 よって、事情の確認を、行うに、至る。

(ニ)
 部署の職員から、『(B)』と、返答を、行った、者が、居るので、「改めて、部署内で、『方針の再確認を、行う、事』を、求める。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-09 (月) 18:54:20 (22d)