最高裁判所 人事局 調査課の専用頁から、苦情の申立

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-11-06 (金) 18:05:43
  • 段階、参照:

趣旨

 Web Site 上から、苦情の申立が、「可能か」を、再確認。

関する、課題

確認、及び、要望

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和02(皇紀 2680;2020)年11月06日

(一)
 ちょっと、判り、ません。

警告
 (ご意見、ご要望、及び、事情、等を)解りました。

概要

(一)
 Web Site 上から、苦情の申立を、行えるのか。

警告
 次回に、同部署内の人員へ、同等の確認を、行った、時に、「適切な返答を、行った、場合』には、罷免の請求を、行う、対象と、判断を、行う」ので、部署内の人員に、事情の説明を、行われ、たい。
理由
 「自らが、所属を、行う、業務に、関する、Web Site 上の頁の事情を、解って、無い、状態』は、今時代の公務員では、失当と、判断するに、至る。

(ニ)補足

掲示板の形式
 既に、総務省に、設置されて、いる、行政評価局の『 各府省への政策に関する意見・要望 』の形式が、有るので、参考に、され、たい。
仕組みの特徴
 「幾つかの特徴が、有る」ので、理解を、され、たい。
該当者の特定
 「人事系の苦情には、該当者の存在が、必須」と、成るが、人名が、不明、等の理由から、記載を、行え、無い、状況も、生じる。
職務の特定
 「『裁判官、書記官、事務官』、等、裁判所の職員には、業種が、特定されて、いる」ので、予めに、『 Pulldown Menu 』のような、形式で、職種の特定を、行う、事が、可能と、想える。
 また、「職種が、不明」との場合も、生じる、可能性が、有るので、『その他』の枠を、設置する、事も、重要。

:::自動で、

 今時代(十年以上も、前から)ならば、フリーソフトでも、


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-29 (日) 23:27:35 (138d)