国 裁判官の『氏』が、常用漢字、等に、該当が、無い、場合

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-11-18 (水) 00:52:51
  • 段階、参照:

趣旨

 『(A)裁判体の紹介を、受けて、いる、時』に、『(B)書記官が、「氏」の説明を、口頭で、行う、時に、困難な状況に、陥った、事』に、不信感を、懐き、「(C)該当の裁判官が、公務員(裁判官)に、登録されて、いる、漢字を、明確に、行え」と、請求。

事情

事案の発生

令和02(皇紀 2680;2020)年11月16日 現在

簡易の調査

氏名に、用いる、事が、可能な漢字の確認

令和02(皇紀 2680;2020)年11月18日 現在

関する、法律

戸籍法

  • 電子的政府
    • 公布
      • 令和二年五月二十九日
    • 改正
      • 令和二年 法律 第三十三号

戸籍法施行規則

  • 電子的政府
    • 公布
      • 令和二年四月三日
    • 改正
      • 令和二年 法務省令 第三十二号

第六十条

 戸籍法第五十条第二項の常用平易な文字は、次に掲げるものとする。

一号
 常用漢字表(平成二十二年内閣告示第二号)に掲げる漢字(括弧書きが添えられているものについては、括弧の外のものに限る。)
二号
 別表第二に掲げる漢字
三号
 片仮名又は平仮名(変体仮名を除く。)
  • 別表 第二
    • 漢字の表
      • 第六十条関係 PDF

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-18 (水) 05:05:11 (148d)