国 宣誓を、行った、内容の健忘

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-11-22 (日) 17:47:23
  • 段階、参照:

趣旨

 公務員は、『(あ)憲法』、『(い)法』に、伴い、宣誓を、行って、いる

 ところが、ここ数年間、簡易の調査で、その内容を、公務員に、確認を、行うと、「(A)宣誓を、行った、事の記憶が、無い」、「(B)宣誓を、行った、事を、『(何となく、)覚えて、いる』が、内容を、『忘れて、いる』(内容を、覚えて、無い)」との返事が、殆どに、成って、いる。

 また、「宣誓書の複写物を、持って、いるか」との質問では、「その存在を、覚えて、無い」(「複写物が、有ったのか」を、健忘)との返答も、付随(追求に、伴う、定番の返答)と、成って、いる。

 よって、本邦(国家)は、何が、目的で、国民に、宣誓を、行わせ、且つ、署名までも、行わせつつ、それの提出を、行って、いるのか、経世済民の観点から、想えば、『不審性が、高い』(詐欺、等でも、用いられて、いる、方法に、類似:僕は、『悪魔的な署名の行為』(『内容が、悪い』のでは、無く、行為が、悪い)と、判断するに、至り、相応の対策を、求める、次第。

解説
 (A)公務員に、署名(国家公務員法 、地方公務員法 )を、行わせて、おきながら、(B)その内容を、公務員へと、十分に、認識させず、(C)過剰に、隷従性を、図る、本邦の状況は、違憲に、値する。
捕捉 - 詐欺、等でも、用いられて、いる、方法に、類似
 例えば、『(a)何だかの保険の加入、更新』、『(b)投資』、『(c)名を、貸す』、『(d)何だかの署名を、介する、形式で、個人の情報を、収集』、等、色々と、有る。
留意
 嘗ての本邦では、『保険の契約における、約款』が、『(弌)異常に、細かく』、『(弐)極小の文字で、記載されて、いて、誰もが、それを、読む、気に、成れ、無い』との状況(及び、心境)が、日常で、『(弐)』の理由から、「保険の外交員が、高齢者、等を、狙って、『強引な署名』(契約)を、行わせる、事件も、生じて、いる。
 なお、『強引な契約』には、『かんぽ生命保険』、等を、含む。
警戒
 「公務員の宣誓ですらも、可能なのだから、、、」との発送で、展開された、可能性を、疑う。
捕捉
 『 bitcoin (電子的貨幣)等でも、同じ、『心理の公式』から、成り、立つ、事』(「一万円札の『自体』(素材)には、一万円の価値も、無い」が、それで、人を、『ぺてん』に、陥れる、事が、可能なのだから、「架空の貨幣、等でも、人を、騙せる」との発想で、展開される、商品は、意外に、多く、有る。
 なお、「信用的取引の逆利用を、行った、攻撃的方法も、有る」(株式、債権、等:乗取り、等)も、戦略で、有る。
語句(Wikipedia)
かんぽ生命保険

関する、課題

調査

 「既に、数年前から、簡易で、行って、いた」が、改めて、課題で、統計を、計る。

 確認の内容は、「(あ)条文が、判るか」、「(い)宣誓文を、覚えて、いるか」の二種と、成る。

統計

宣誓文
判る忘れた判らない*1
--12303

東京 地方 裁判所 

令和02(皇紀 2680;2020)年12月14日 現在 - 民事訟廷 事件係 係長 女性 T

  • 判らない
    • 署名を、行った、記憶、等も、無い。

令和02(皇紀 2680;2020)年12月10日 現在 - 人事課 給与 第一係

  • 忘れた

令和02(皇紀 2680;2020)年12月02日 現在 - 民事 一部 書記官 女性 O→T

  • 判らない

苦情の申立

 『署名を、行った、事』の健忘が、生じて、いる、場合には、告発を、行う。

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課

令和02(皇紀 2680;2020)年12月14日 現在

改善の請求

 危機的な心境に、陥ったので、臨時で、国家へも、『事情の通達、及び、改善の請求を、行った。

総務省 行政評価局 行政相談管理官室

令和02(皇紀 2680;2020)年12月14日 現在

  • 概要
    • [告発]
      • 裁判所の職員で、「国家公務員法 第九十七条に、基く、宣誓を、行った、記憶が、無い」と、主張を、行う、者の複数人を、確認。
      • 他の省庁でも、同じと、想われ、「違法、及び、違憲に、該当」と、判断。
    • [原因]
      • 「国は、国家公務員に、宣誓を、行わせて、おきながらも、宣誓文の複写物を、与えて、無い」との可能性が、有る。
    • [対策]
      • よって、国は、『全ての国家公務員へと、宣誓文の複写物を、再配布する、事』を、全省庁へ、勧告を、行うように、求める。
      • なお、本件の内容は、『(あ)総務省 大臣』を、介する、形式で、『(い)総理 大臣 宛』で、『(ア)苦情の申立』、及び、『(イ)改善の請求(案を、含む)』が、有ったと、解され、たい。

完了

理由

令和03(皇紀 2681;2021)年02月01日 現在

 『国 在日日本人の調査(令和03年度) - 日誌/進捗/令和03年度/1』で、引継ぐ。

 また、本件の課題で、十分な情報の回収が、行えて、いる。

 よって、『完了』(及び、別の課題で、引継ぎ)と、決定。

関する、法規

憲法

前文

 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

第九十九条

 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

国家公務員法

  • 電子的政府
    • 施行
      • 令和元年九月十四日
    • 改正
      • 令和元年 法律 第三十七号

第九十七条(服務の宣誓)

 職員は、政令の定めるところにより、服務の宣誓をしなければならない。

地方公務員法

  • 電子的政府
    • 施行
      • 令和二年四月一日
    • 改正
      • 平成二十九年 法律 第二十九号

第三十一条(服務の宣誓)

 職員は、条例の定めるところにより、服務の宣誓をしなければならない。

職員の服務の宣誓に関する政令

  • 電子的政府
    • 施行
      • 平成十三年四月一日
    • 改正
      • 平成一二年二月一四日 政令 第三〇号

前文

 内閣は、国家公務員法(昭和二十二年法律第百二十号)第九十七条及び附則第十三条の規定に基づき、この政令を制定する。

第一条(服務の宣誓)

 新たに職員(非常勤職員(国家公務員法第八十一条の五第一項に規定する短時間勤務の官職を占める職員を除く。)及び臨時的職員を除く。以下同じ。)となつた者は、任命権者又はその指定する職員の面前において別記様式による宣誓書に署名して、任命権者に提出しなければならない。

二項
 前項の規定による宣誓書の署名及び提出は、職員がその職務に従事する前にするものとする。ただし、天災その他任命権者が定める理由がある場合において、職員が同項の規定による宣誓書の署名及び提出をしないでその職務に従事したときは、その理由がやんだ後すみやかにすれば足りる。
三項
 警察職員の服務の宣誓については、前二項の規定にかかわらず、国家公安委員会は、内閣総理大臣の承認を得て、別段の定めをすることができる。

第二条(権限の委任)

 この政令に定めるもののほか、職員の服務の宣誓に関し必要な事項は、任命権者が定める。

別記 様式

宣誓書

 私は、国民全体の奉仕者として公共の利益のために勤務すべき責務を深く自覚し、日本国憲法を遵守し、並びに法令及び上司の職務上の命令に従い、不偏不党かつ公正に職務の遂行に当たることをかたく誓います。

   年 月 日                氏名


*1 署名を、行った、記憶を、含めて、不知。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-11 (日) 11:07:49 (5d)