国 各裁判所事件の報告書

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-01-30 (木) 11:30:08
  • 段階、参照:

趣旨

 天皇、総理大臣、法務大臣、宛に、『平成31、令和元』(皇紀 2679;2019)年度に、生じた、各事件の報告書を、送付する。

補足
 訴訟を、妨害する、工作性、等を、感知。
 裁判所、法務省に、不審感を、抱かせる、工作性を、感知。

 なお、『(A)特定の政治集団(政党を、含む)、(B)宗教に、嫌悪感を、抱かせる』、『(C)日本共産党、又は、共産的主義、及び、他の野党を、贔屓、頼る、心境に、陥らせる』、等の工作性も、検知するに、至っており、警戒の体制を、整える。

警戒の体制
 段階的な警戒を、検討。
初期 - 令和02(皇紀 2680;2020)年01月30日 現在
 『(a)似非な民主主義者、(b)Christian、及び、Freemasonry 』の構成員、等による、工作性を、検知。
対策 - 令和02(皇紀 2680;2020)年01月30日 現在
 (A、a)の対策は、「暫くの間、基本的に、野党の政党員、及び、その関係者との接触を、避け、行政の機関における、代表者の場合のみ、請願、等の観点から、頼る事を、検討するが、違憲、不法な対応が、生有った場合は、罷免の請求、等で、対処する。
 (B、b)の対策では、「以前から、皇室の関係で、International Christian University( I C U )Wikipedia)の関係、関連よる、工作性、等を、色々と、観察を、行っている」が、それと、 Jehovah's Witnesses(Wikipedia)、等、外に、法務省 公安調査庁による、観察の対象と、成っている、組織、集団、個人と、「接点が、無生じる、事が、無いように、心掛ける」(対人の関係が、生じる、事)を、警戒する。
 (C)の対策では、「学生の頃から、日本共産党員、等との友好(交流)性が、『過剰に、成らない、事』を、心がけている」ので、それを、維持するが、中国共产党(Wikipedia)、等、「外国の政治、思想は、干渉を、行わない」が、本邦へと、思想、等を、過剰に、持ち込む事が、無い、事」を、継続的に、警戒するが、中華系、等の似非民主主義(世界の各地で、暴動、戦争を、発生させ、標的領土征服が、完了すると、『民主、共和』との語句を、表記する、形式で、平和を、提唱する:Freemasonry の戦功的集団)、それ同等に、Terrorism(Wikipedia)とは、対人的な接点を、有さないように、心掛ける。
 なお、公明党(Wikipedia;創価学会:Wikipedia)は、「幼少期、及び、現在まで、僕が、被害者と、成る、各種の事件から、特別な警戒の対象』と、成っており、それが、日常の生活では、普通。
補足
 偶然に、『 Center for Jewish-Christian Understanding and Cooperation( C J C U C ) 』(ユダヤ教とキリスト教の理解と協力のためのセンター:Wikipedia)と、言う、機関の存在を、確認。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-30 (木) 13:06:08 (299d)