国 司法の手続を、困難化を、公然と、行う、工作を、検知

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-11-25 (水) 18:40:29
  • 段階、参照:

趣旨

 実は、数年前から、東京 地方 裁判所 立川支部で、『(A)裁判所の利用を、困難化』、『(B)未成年者犯罪者への憎悪の増幅』、『(C)在日外国人への違和感、及び、憎悪の増幅』、『(D)外来(帰化人)系公務員、及び、特定の外国人に、不審感、違和感、及び、憎悪の増幅』を、抱かす、「心理的工作が、展開されて、いた」と、暫定を、行って、いた。

(D)外来(帰化人)系公務員、及び、特定の外国人に、不審感、違和感、及び、憎悪の増幅
 主たる、原因は、「外務省を、介する、形式で、展開されて、いた」と、判断。
捕捉
 『(Ⅰ)最近の事に、限らず』、『(Ⅱ)過去に、遡り、仕込みが、行われて、いた』とも、判断、『(ⅰ)故に、初期の工作者は、既に、退官、並びに、国外へと、移住を、行って、いる』との可能性も、有ると、想われる。

 現状で、それらを、『(あ)個別化』、且つ、『(い)詳細化』を、行い、各種の原因を、改める、事を、最高裁判所(下級裁判所への監督権を、有する、故に、『業務の指導権』(改善の命令、及び、監督権、及び、責任が、有る)に、求めて、いたが、それも、改まりが、無い。

 よって、「国家の規模で、工作が、展開されて、いた」と、暫定。

 なお、現状の『外国人犯罪』も、外務省を、介する、形式で、展開された、工作と、暫定。

捕捉
 国家と、記載を、行って、いるが、『(a)特定の宗教』、及び、『(b)政治思想的』( Freemasonry は、西洋思想の優位性を、図る、『自己暗示型の政治工作的集団』で、宗教と、異なる: Freemasonry の構成員が、所属を、行う、各(自称)宗教団体、等の公認は、文部科学省)、『(c)諸外国の工作性』(大韓民国系宗教、等)の関与も、疑うに、至って、いる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-25 (水) 19:06:12 (51d)