国 裁判で、在日外国人に、嫌悪感を、抱かせる、工作を、検知

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-12-01 (火) 15:56:30
  • 段階、参照:

趣旨

 裁判所の職員が、『(A)在日外国人へと、憎悪を、増す、目的』で、『(B)故意に、事務の手続で、利用者に、侮辱を、試みて、いる』と、判断。

 よって、『(甲)苦情の申立』、及び、『(乙)罷免の請求』を、行ない、且つ、裁判官に、限っては、『(丙)弾劾の請求』を、検討。

苦情の申立

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 (栄典係) - 令和02(皇紀 2680;2020)年12月01日

(ニ)捕捉の確認  叙勲(じょくん)の推薦、叙位(じょい)、等と、成って、います。

警告
(御意見、ご要望が、有った、事を)解りました。

概要

(一)
 『令和元年(ワ)第1500号、併合 令和元年(ワ)第3006号』の訴訟における、手続に、おいて、『(a)担当の書記官』、並びに、『(b)主任書記官』による、不適切な対応、等が、継続的に、行われて、いる。

 それらが、「訴訟の相手への憎悪を、増す、工作の可能性を、疑う」に、至って、いる。

理由
 過去の別事件、等でも、類似の工作を、被って、いる。
特徴
 相手が、民間人に、限って、生じて、いる。

(ニ)捕捉の確認
 『栄典係』とは、通常だと、何を、行って、いる、部署か。

警告
 特定の公的な組織だけが、優位的に、勲章を、受ける、状況は、非民主主義的な環境と、想える。
 よって、「広く、国民から、『栄典係』へと、募集を、募り、受賞に、相応な人材の推薦が、行われて、無い、限り、『不平等な組織』と、判断するが、故に、部署の解散を、求める。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-09 (水) 18:24:42 (37d)