国 公務員の認証を、指紋、遺伝子情報で、行う、事

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-12-01 (火) 20:52:11
  • 段階、参照:

趣旨

前提
 本案件は、将来に、全ての国民にも、適用を、行う、事が、前提と、成る。

 全ての公務員には、認証、及び、職員証に、『(あ)指紋、(い)遺伝子情報( DNA:DeoxyriboNucleic Acid:Wikipedia)』を、用いる、事を、推奨。

理由と、経緯
 本件の提案には、本邦の文化、並びに、今時代の生活環境に、鑑みての発案と、成るが、『民間の企業では、十五年ぐらい、前から、導入されて、いる、事』を、「職務系経験上で、知って、いた」との観点に、基く。
本邦の過去(文化的な観点)
 本邦の文化では、『(A)逮捕者』、『(B)在日外国人』へ、指紋の登録が、行われて、いた、経緯が、有って、『(a)在日外国人』、『(b)及び、外来系(帰化人、及び、その子孫)の日本人』には、忌み、嫌われる、傾向に、成る。
今時代の事情
 「民間の企業で、PC の起動を、指紋の認証で、行う、事は、だいぶ前から、導入されて、いる、事」は、知られて、いる。
 また、その影響も、有って、広く、一般人にも、知られつつ、商品( Note 型 PC、等)にも、導入された。
携帯の端末
 指紋の認証が、可能な端末が、増えて、いる、状態に、有って、携帯の、PC、電話、等、あらゆる分野に、指紋の認証が、用いられて、いる。
本邦への渡航外来人
 『外務省の許可』(検証の発行:Visa(Wikipedia))を、経て、法務省の管轄と、成る、入国の管理で、入国と、成るが、特定国からの渡航者が、異常に、増えて、いる。
渡航者による、犯罪
 『(Ⅰ)短期の旅行、等』で、『(Ⅱ)検証を、得た』、後に、『(Ⅲ)入国』、『(Ⅳ)滞在中に、犯行を、行い』、『(V)帰国』との経緯で、展開された、事件例が、有る。
DNA 鑑定
 現在では、その制度が、高まって、いる。

 よって、「(ア)文化的な観点で、嫌がられる、世代も、有る」と、想われるが、「(イ)近年の若者達には、指紋の認証は、差別なく、広く、身近な生活に、取り入られて、いる」との事を、想えば、受け入れられ、易いと、想えるので、国家へと、推奨を、行う。

 なお、『身元不明者の存在数を、減らす、事』、等も、含まれる。

簡易的な要望

 主に、別課題で、接点が、生じた、時の(ついで)に、伝えた、形式を、意味する。

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 (栄典係) - 令和02(皇紀 2680;2020)年12月01日

概要

前提
 別課題で、連絡を、行った、時の序に、要望を、行った。
別課題
・国 裁判で、在日外国人に、嫌悪感を、抱かせる、工作を、検知 - 日誌/進捗/令和02年度/195
・最高裁判所 特定書記官の事務能力欠如 - 日誌/進捗/令和02年度/194
・最高裁判所 障害者の扱い - 日誌/進捗/令和02年度/193

 次の項目に、挙げた、分野、等で、指紋の認証を、取り入れる、事を、求める。

 なお、総務省へは、『 個人認証番号 Card 』への組み込みも、推奨を、行う。

  1. PC の起動
  2. 本人の確認
    1. 入廷時
      1. 法廷の利用者
    2. 記録係
      1. 事件の記録閲覧者

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-08 (火) 16:38:12 (38d)