最高裁判所 裁判所での人事における、事情の確認

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-12-09 (水) 11:16:15
  • 段階、参照:

趣旨

 裁判所の人事権に、付いて、だいぶ前から、異常性を、感知。

 東京 地方 裁判所 立川支部を、事例に、各地位の者が、「どのように、任免されるのか」を、確認を、行う。

前提の確認

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和02(皇紀 2680;2020)年12月09日

 当部書では、答えられ、ない。

確認

 東京 地方 裁判所 立川支部の人事権(配置を、含む)は、どこで、担って、いるのか。

東京 地方 裁判所 人事課 管理係 - 令和02(皇紀 2680;2020)年12月09日

(一)
 給与係と、成りますが、外からの問合せは、全て、総務課の方で、対応を、行ないますので、取り次ぎます。

(ニ)
 解りました。

(三)
 調べますので、御時間を、下さい。

概要

(一)
 分限、懲戒は、どこの係が、担当を、なのか。

(ニ)
 再確認を、行うが、「当方が、そちらの部署へと、指名を、行った、訳では、無く、「大代表から、回された」のが、事実で、『電話の取次に、おける、問題は、人事的教育の問題』なのだから、適切な教育を、求める。

(三)
 当方で、知りたいのは、『(甲)分限、懲戒の係、(乙)各職員の任免権を、有する、部署、(丙)罷免の請求を、扱う、係』を、明確に、されたい。

東京 地方 裁判所 人事課 管理係 係長 - 令和02(皇紀 2680;2020)年12月09日 

(一)
 給与 第一係と、成ります。

(ニ)
 当部書で、御調べますので、御時間を、下さい。

概要

(一)
 懲戒、分限の担当は、どこの係か。

(ニ)
 他に、(甲)事務官、書記官 任免、(乙)支部長 裁判官、次席 書記官、主任書記官(訟廷管理官、課長) 任免、

  1. 懲戒、分限の係名
  2. 職員罷免請求書

概要

東京 地方 裁判所 総務課 専門官 - 令和02(皇紀 2680;2020)年12月09日

 総務課 文書 二係で、請願、処理が、終了後、一年間。  

 人事課 給与 一係で、懲戒。

 各所長が、任免権(裁判官会議)を、有する、事務官、書記官。

 最高裁判所 裁判官会議 会議 所長 裁判官、支部長 裁判官、次席書記官。

 高等裁判所 裁判官会議 会議 主任書記官、訟廷管理官、事務局 課長。

 「各裁判所での」、

 廃棄の処理

 受取り、処理を、行って、いる。

概要

  

確認 - 高等裁判所

東京 高等 裁判所 人事課 給与 第一係 - 令和02(皇紀 2680;2020)年12月10日

概要

東京 高等 裁判所 総務課 広報係 - 令和02(皇紀 2680;2020)年12月10日

概要

(一)
 当方の方で、確認を、行う、事項は、次の通り。

(甲)
 主任書記官

(ニ)
 

(三)
 Web Site からの『ご意見、ご要望、苦情の申立』を、行える、頁は、有るのか。

改善の請求
 Web Site、を、介する、形式で、『(あ)ご意見、ご要望、苦情の申立』を、行える、頁の設置を、求める。
捕捉
 『(い)』

苦情の申立 - 高等裁判所の件

 「東京 高等 裁判所が、人事の件で、説明を、行えて、ない」のは、不適当と、判断。

 また、接遇の能力(人材が、憲法、法律に、基く、意思の疎通に、欠ける)を、検知。

 よって、苦情の申立を、行った。

最高 裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和02(皇紀 2680;2020)年12月10日

(一)

(ニ)
 無い。

改善の請求(再三の警告を、兼ねる)
 (改善の請求が、有った、事を、解りました)はい。

概要

(一)
 「東京 高等 裁判所 (総務課 広報係)で、『(A)主任書記官、事務方の各課長の任免』は、『(B)裁判所 所長』、『(E)次席 書記官』、『(D)裁判所 事務長、事務次長』の任免、配置は、どのような経緯で、行われて、いるのか」の確認を、口頭で、行ったが、拒まれた。

捕捉
 「政治、及び、宗教、並びに、思想に、伴う、優位性を、図る、目的で、隠避を、試みられて、いる」と、判断。

(ニ)
 「以前から、確認を、行って、いる」が、改めて、「最高 裁判所には、Web Site 上から、『(ア)御意見、ご要望』、『(イ)苦情の申立』を、行える、頁が、有るか。

数回目の請求
 
警告
 『憲法 前文』、並びに、『国家公務員法 第一条、及び、第九十七条の宣誓文』に、基く、改善の請求と、成る。

確認 - 最高裁判所

最高裁判所 事務総局 広報課 - 令和02(皇紀 2680;2020)年12月11日

 同部署では、お答えを、行って、いません。

 また、Web Site 上でも、相応の頁は、有りません。

捕捉
 必要で、あれば、情報公開請求(請求を、行っても、情報が、公開されると、限って、無い)の手続を、経て、ご確認を、下さい。

概要

(一)
 東京 地方 裁判所から、「地方裁判所の『(A)所長 裁判官』、『(B)支部長 裁判官』、『(C)主席 書記官』、『(D)次席 書記官』、『(E)事務長』、『(E)事務次長』は、最高 裁判所で、任免を、行う」と、聞いて、いるが、「当部書は、地方 裁判所なので、詳細を、伝えられ、ない」との返答だった。

 よって、確認を、行うに、至った、次第。

 なお、「 Web Site 上に、相応の頁が、有って、そこで、確認を、行えるのか」も、知りたい。

苦情の申立 - 最高裁判所の件

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和02(皇紀 2680;2020)年12月11日

概要

調査の結果

評価

令和02(皇紀 2680;2020)年12月11日 現在

 「人事は、官報にも、記載されて、いる、事」なので、「阻害を、行う、理由が、無い」と、想えるが、「最高 裁判所が、簡易的な阻害を、図って、いる」との状況に、有る。

推測
 「人事の任免における、過程を、知られる」と、『不利益に、成る』のは、どのような者達か。
判断
 『(a)宗教』、『(b)政治』、『(c)Freemasonry、MENSA』、等と、判断。
解説
 第二次世界大戦後の本邦では、「東京大学の法学外で、各種の法学部が、司法界へと、人材を、送り込んで、いる」が、人事的な派閥、縁故の状況が、異常(違憲、違法)な樹応対が、多く、公然と、裁判所(つまり、裁判官の判断)を、経て、認められる、事も、多く、「故に、報道、等で、『違憲、違法』な判決、等と、揶揄(やゆ)に、取り上げられてつつ、記者の『達飯の種』に、成って、いる。

関する、法律

憲法

前文

 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。  

国家公務員法

第一条(この法律の目的及び効力)

 この法律は、国家公務員たる職員について適用すべき各般の根本基準(職員の福祉及び利益を保護するための適切な措置を含む。)を確立し、職員がその職務の遂行に当り、最大の能率を発揮し得るように、民主的な方法で、選択され、且つ、指導さるべきことを定め、以て国民に対し、公務の民主的且つ能率的な運営を保障することを目的とする。

二項
 この法律は、もつぱら日本国憲法第七十三条にいう官吏に関する事務を掌理する基準を定めるものである。
三項
 何人も、故意に、この法律又はこの法律に基づく命令に違反し、又は違反を企て若しくは共謀してはならない。又、何人も、故意に、この法律又はこの法律に基づく命令の施行に関し、虚偽行為をなし、若しくはなそうと企て、又はその施行を妨げてはならない。
四項
 この法律のある規定が、効力を失い、又はその適用が無効とされても、この法律の他の規定又は他の関係における適用は、その影響を受けることがない。
五項
 この法律の規定が、従前の法律又はこれに基く法令と矛盾し又はてい触する場合には、この法律の規定が、優先する。

第九十七条

 職員は、政令の定めるところにより、服務の宣誓をしなければならない。

第九十九条(信用失墜行為の禁止)

 職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-11 (金) 23:51:34 (124d)