民事 主任書記官による、電話の応対は、三分間を、強要

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-12-09 (水) 19:23:56
  • 段階、参照:

趣旨

 以前から、十分間、五分間での応対を、主任書記官 から、求められて、いたが、今回は、三分間での応対を、強要された。

留意
 本件のような性格を、有する、特定の公務員(数名:『警告』、『罷免の請求』後に、改まった、者も、含む)が、極普通に、居る。
捕捉
 「人格に、特徴が、有る」ので、どこの機関でも、存在を、確認が、行える。
重要
基本的に、「全種公務員との対話では、基本的に、録音を、行う、事」(裁判所内では、許可が、必要:『権利の行使を、阻害される、事』の防止を、兼ねる)を、推奨。

 また、他事件の問題も、有ったので、事前に、法務省へと、通達。

 更に、最高裁判所へと、苦情の申立を、行った。

 「民事 一部では、以前から、数多くの工作が、展開されて、いる」が、それに、伴い、各書記官に、対する、『罷免の請求』を、行っても、改まりが、無い。

 別の調査で、最高裁判所が、公認(嘗て、「黙認」と、判断を、行って、いたが、今回より、『公認』(及び、故意)と、暫定するに、至って、いる)とも、判断。

関連の課題

事情の説明

 別事件 令和02年(ワ)第2530号の訴状が、送達されて、無い、事、等も、発覚。

 それらの関連で、法務省に、事情を、伝えた。

法務省 東京法務局 訟務部 民事訟務部門 - 令和02(皇紀 2680;2020)年12月09日

(事情、等に、付いて、了解)はい。

概要

(一)
 訴訟の手続における、妨害を、被って、いる。

 『(あ)経緯、事情の説明』、及び、『(い)既に、提訴されて、いる、訴状の番号を、通達』、並びに、『(う)訴状の内容は、既に、Internet 上で、公開されて、いる、事』、等を、伝えた。

(ニ)
 挙句の果に、三分間対応まで、強要されたので、法的な、根拠、等の確認を、行ったが、主任書記官 からは、「答えない」と、返答されて、いる。

 また、該当の主任書記官による、ここ数年の妨害的工作に、伴う、応対の時間が、異常に、生じて、おり、他業務の阻害にも、成って、いる。

 よって、現状の状況に、付いて、理解を、されたい。

記録

音声

令和02(皇紀 2680;2020)年12月09日 現在

  • 東京地方裁判所 立川支部 民事 一部 主任書記官
    • 身分証の確認が、行えて、無い、者に、該当。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-10 (木) 15:20:09 (133d)