国 行政の組織に、不審感を、抱かせる、工作

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-12-17 (木) 16:32:54
  • 段階、参照:

趣旨

 『各種の機関で、公務(国家、及び、国政)に、不審感を、抱かせる、工作が、展開されて、いる、可能性が、有る、事』を、感知。

 よって、『(あ)職場(公務)の改善』、『(い)不良公務員の排除』を、求める。

『(あ)職場(公務)の改善』の理由
 職務上の環境が、悪く、「一般の公務員が、『過剰な、隷従を、強いられて、いる、事』(部署)も、有る」が、故の判断に、基き、『職場の改善』(業務の方針を、改める、事)を、求める。
留意
 「本来、全ての公務員は、『(ア)憲法』、並びに、『(イ)法律』、『(ウ)命令』(政令)、及び、『(エ)条例』、『(オ)公務上の規則、要綱、等』に、基く、自立が、有って、成り立って、いる」(論理上での解釈)が、「(A)『(ア)〜(オ)』の欠如」、「(B)洗脳」(僕の知る限りでは、『(a)標的の精神を、破壊』、「(b)隷従化に、至って、無い、人格へ、『何だかの恐怖感』を、抱かせる、工作」、等)に、伴い、害を、被る、各種公務員も、多い」と、判断するに、至って、いる。
 また、自殺(自殺の偽装を、除く)の事件例も、生じて、いる。
『憲法、法律』が、解って、無い、公務員が、多い
 『(ア)〜(オ)』の欠乏者は、『社会的な立場からの過剰な強制力』(主に、上官、及び、権威者からの『(ア)〜(オ)』に、反する、『教唆、命令』の防御を、行えず、『隷従、服従』化される、傾向に、有る、事)から、過剰に、服従を、行う、傾向に、有る。
 また、その人格にも、特徴が、有って、『簡易の検査』(日常で、生じる、対話の程度に、仕込める、検査:倫理上の観点から、詳細の明記を、省く)でも、判る。

関する、事件

事件例

法務省

事件例 B - 法務省 大臣官房 秘書課 広報室 - 令和02(皇紀 2680;2020)年12月17日

 『苦情の申立』で、生じた、事例で、『対応者が、氏名を、明確に、示さない、事』が、生じて、いる。

捕捉
 「特定の機関で、生じて、いる、『典型的な状況』でも、有る」が、防御の関係から、「『代替の対策』(情報処理上の観点から、『氏名を、明かさず』とも、対処を、行える、方法)を、提案する、事」も、有る。
『代替の対策』(情報処理上の観点から、『氏名を、明かさず』とも、対処を、行える、方法)を、提案する、事
 『情報の処理』では、「(甲)相手が、誰なのか」よりも、「(乙)情報は、何か」、「(丙)『誤認、隠蔽、工作』が、生じ、無い、処理」(適格性)が、求められて、いる。
 よって、「応対者の指名よりも、『受付けた、番号を、相手に、伝える、事』の方が、適当」と、想えるので、それの推奨も、行って、いる。

東京 地方 裁判所 立川支部

事件例 C

 細部の明確性を、図る、目的で、細分化を、試みて、いる。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-24 (木) 06:16:25 (112d)