国 特定の地域に、在日外国人の居住を、過剰に、認めない

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-12-23 (水) 20:15:53
  • 段階、参照:

趣旨

 近年に、『(A)特定の地域』が、『(B)特定の在日外国人に、有利な環境』(特定在日外国人の特区)と、成って、いる。

 つまり、非公認(国家の黙認:『(a)西洋的』、及び、『(b)Freemasonry』、『(c)特定の高学歴者で、構成された、思想』、等の都合)で、特定在日外国人特区が、形成されて、いる、状態は、他の民に、脅威と、成って、いる。

 よって、「他国民、並びに、帰化、及び、その子孫が、過剰に、優位と、成る、自治区の存在は、侵略と、同等に、脅威」(犯罪的組織、等の密輸入、侵入の 経路に、成る、事も、有る)と、解るのだから、規制が、必要と、判断するに、至る。

捕捉
 『本邦の民による、出生率が、年々に、減少の傾向』(僕は、『悪い、状況』とは、想え、無い)に、有る、反面で、在日の『(Ⅰ)中華人民共和国、(Ⅱ)大韓民国、(Ⅲ)他の在日外国人』では、出生率が、高く特に、『(Ⅱ)』だと、宗教、等が、結婚、多産の支援を、行って、いる、傾向に、有って、脅威(政治、等への関与も、確認されて、いる)と、成って、いる。
懸念されて、いる、問題
 特定国の種族が、経済性の観点を、逸脱する、事で、生じる、問題は、次の通り
理性(日本国の憲法、及び、法律、並びに、規則、等、倫理観)の欠如
 在日外国人の子孫による、不良化が、懸念されて、いる。
自治の支配
 日本の国内で、『(あ)学習(異文化との共存を、理解)』、及び、『(い)交流』の範囲ならば、判るが、実効的支配を、国内で、許す、理由は、無いが、『「①領事館」、「②在留米軍基地」の敷地内に、限って、外交特権的な支配が、認められて、いる、事』に、留意も、必要。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-23 (水) 22:49:23 (112d)