最高裁判所 段階的な受付の対応に、変更(改善)を、行う

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-01-31 (金) 17:18:35
  • 段階、参照:

趣旨

 現状の裁判所(東京地方裁判所 立川支部 民事)だと、応対者が、裁判所に関する、一般的な対応(各種の説明、等)を、行う、関係から、定例の業務に、負担と、成る、事が、多い。

 その状況を、緩和する目的で、民間の企業でも、用いられている、『(ア)第一の受付で、一般的な裁判所の仕組みや、各種の説明』(問合せ、手続の説明が、専門の業務)を、行い、『(イ)第二の受付で、各種の専門的な応対を、行う』(各専門業務の部署)との形式で、業務の体制を、『階層の形式』で、整える事を、求める。

補足
 本課題の内容は、だいぶ前から、他事案の序に、要望を、行ってた。

簡易的な要望

東京地方裁判所 立川支部 民事 記録係 - 令和02(皇紀 2680;2020)年01月31日

概要

 接遇における、公務の負担を、緩和する事を、前提に、民間の企業でも、用いられている、『階層の形式』の対応を、検討されたい。

補足 - 『階層の形式』 
『(ア)第一の受付で、一般的な裁判所の仕組みや、各種の説明』(問合せ、手続の説明)を、行い、『(イ)第二の受付で、各種の専門的な応対を、行う』(各専門業務の部署)との形式で、業務の体制を、整える事を、求める。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-31 (金) 17:28:23 (298d)