最高裁判所 本人訴訟での警備

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-02-02 (日) 16:41:55
  • 段階、参照:

趣旨

 「本人訴訟の場合、(法廷内)警備の強化を、行う、必要性が、有る」と、判断。

経緯
 「以前から、別案件の(ついで)に、色々な要望、意見を、行っていた」が、『安全性の配慮から、適切な警備が、必要』と、判断するに、至り、課題と、成った。
補足
 既に、「裁判所の職員を、配置する、事を、求めて、いた」が、その件は、叶って、いる。

 現状では、『裁判所の職員を、配置する、事が、行われて、いる』が、「一般の職員は、警備の訓練を、受けて、無い」のだから、『警備の業者に、委託を、行う、事が、適切』と、想える。

 また、『裁判所の職員に、危険的な負担を、過剰に、課する、事』は、不条理にも、想える。

 よって、「本人訴訟における、法廷内の警備は、業者に、委託を、行う、事」を、求める。

簡易な要望

東京地方裁判所 立川支部 事務局 庶務 第一課 - 令和02(皇紀 2680;2020)年02月02日

概要

前提
 以前から、「本人訴訟の場合は、警備症の観点から、法廷内に、裁判所の職員を、配置する、事」を、求めて、いた。
現状
 現状では、裁判所の書記官が、配置される、事に、成った。

 「本人訴訟の場合は、警備上の観点から、法廷内に、裁判所の職員を、配置する、事を、求めて、いた」が、「裁判所の職員は、基本的に、警備の訓練を、受けて、無い」のだから、『警備の業者に、警備の委託を、行い、(あ)私服、(い)制服』で、配置を、行う、事(予算の確保、委託の契約)を、求める。

簡易な再要望

 別件で、問い合わせを、行った、序に、再要望を、行った。

東京地方裁判所 立川支部 事務局 庶務 第一課 課長 - 令和02(皇紀 2680;2020)年03月06日

概要

 前回と、同じ。

要望

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和02(皇紀 2680;2020)年03月06日

 (御意見、ご要望が、有った、事を、解りました)はい。

概要

(一)
 東京地方裁判所 立川支部 事務局 庶務 第一課 課長に、伝えた、概要と、同じ。

(ニ)
 警備員は、『(あ)開廷前は、出入口の外側』、『(い)開廷後は、出入口の内側』に、立つ、事を、求める。

補足
 法廷の利用者に、過剰な精神的刺激が、生じ、無い、配慮が、求められる。

::詳細\ 自分の裁判時だけ、警備員が、設置される、事を、差別的に、思う、等。

対策
 事前に、事務の連絡、等で、法廷の利用者に、伝える。
推奨案
 裁判員裁判でも、傍聴者の有無に、関わらず、同等(本節)の配置を、行う、事を、求める。

(三)
 有事、等に、誤解が、生じる、可能性を、避ける、観点から、『私服の警備員を、配置する、事』は、第二案で、消極的。

評価

 事前に、要望を、行って、いた、『警備の体制』(案)を、『令和02年(ワ)第1500号の口頭 弁論 令和02(皇紀 2680;2020)年12月15日で、試す、事』を、求めつつも、『それが、試された』ので、評価を、行って、結果を、伝えた。

東京 地方 裁判所 立川支部 庶務 一課 課長 補佐 - 令和02(皇紀 2680;2020)年12月18日

 解りました。

概要

(秘匿)

 課長へと、伝え、られたい。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-18 (金) 17:52:38 (116d)