国 全種弁護士会の解散

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-02-03 (月) 10:44:37
  • 段階、参照:

趣旨

 僕は、短大の経済学部 経済科を、卒業を、法学部に、入学を、行った、事も、有るが、その非経済性には、驚かされて、いる。

 挙句の果に、司法会が、『政治の観点』(違憲、違法な事でも、従う、愚か者の構成)で、成り、立つ、状況は、『』に、支配されて、いる、状況に、呆れた、事も、有る。

軍用『犬』の如く
 本邦の由来だと、普通だと、『馬鹿』を、用いる、事は、無い。
解説
 本邦の文化では、古来から、『馬と鹿を、敬う、文化』と、成って、いる。
捕捉 『犬』
 その昔、本邦の文化では、罪人の額に、初犯が、『一』から、入墨されて、『犬』の字画における、順序で、罪を、重ねる、事に、一字画づつ、入れ墨された、風習も、有った。
習性の逆利用
 「比較的に、知能的指数が、高い、連中で、違憲な程の隷従的状況下ならば、上位の権威者を、仕留めれば、配下も、従う、傾向に、有る」のが、縦割りの弱点。
経世済民性の戦略
 そこで、主権力を、有する、者を、標的に、『(A)裁判員制度』、『(B)法テラスの設置』、『(C)裁判外紛争解決手続』を、要請、更に、全市町村自治に、『(a)弁護士による、無料の相談』、『(b)類推で、税理、行政書士、等の相談』を、設置で、「01地域の解消が、可能」と、推奨を、開始。
 つまり、『(A)から、(C)』、『(a)、(c)』は、「経済性に、基く、戦略論からの発想」と、成って、いて、『司法会の習性を、逆利用する、形式』(戦略論)で、試みた、結果と、成る。

 「逆利用の試みが、成功に、至り、経済性の向上にも、相応の利益が、生じて、いる」が、司法会の違憲な風習が、改まった、訳でも、無い

 又、(Ⅰ)本邦の弁護士制度は、西洋の思想に、基く、形式で、展開されて、いる、状況にも、不信感が、高いだけに、留まらず、(Ⅱ)近年では、外来系日本人の子孫(帰化人:明治の以降が、対象)、等を、異常な数、育てた、状況も、多摩地域、等で、確認されつつ、その背景に、「Freemasonry(西洋的思想の優位性を、図る、工作的集団) の工作性も、有った」と、暫定。

 つまり、『(ⅰ)弁護士会の設置は、法に、定めが、有っても、その支配権は、主に、Freemasonry 』に、有って、『(ⅱ)外に、商工会議所、等、何だかの協会的制度』、『(ⅲ)交通安全協会、探偵協会、古物商協会、等』も、「全てが、Guild(ギルド) 形式で、階級的な体制」(社会主義的形式)と、成って、いるが、それらに、『(ⅳ)医学、医療の分野』も、含まれて、いる。

捕捉
 本邦の文化では、「組合、寄り合い」、等の形式が、大規模な形式では、連合、等が、有る。
 皮肉にも、指定暴力団、暴走族、等が、用いる、名称でも、用いられて、いる。
解説(逆説)
 『やくざ』の文化は、現行の政治集団よりも、古く、その習性を、調べたり、解析を、行う、事で、本邦の古来から、続いて、いる、『人間の習性』(人間性)も、解るが、Gang()の形式とは、異なる。
留意
 『 Hacker(ハッカー) 』の存在と、類似するが、本来だと、『やくざ』と、組織犯罪的な集団は、異なる。

 

  • 参考
    • No.624 Cult(かると) - 第3学習訴訟を考える!(つまり物事の戦い方を考える)
      • 万屋 Podcast - 収録 平成21(皇紀 2669;2009)年07月17日 約47分

関する、課題

他の参考

世情の観察

報道 - 京都弁護士会

令和02(皇紀 2680;2020)年11月16日 現在


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-16 (月) 08:48:36 (13d)