国 似非 Christianus による、各種の工作

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-02-15 (土) 03:03:40
  • 段階、参照:

趣旨

 以前から、Jehovah's Witnesses (Wikipedia)に、関する、Christianus と、自称する者達に、違和感を、感じていたが、他にも、『(A)各種の類似する自称宗教団体と、(B)攻撃性を、有する、精神病質性が、高い、人格を、有する、者(講師、等)の存在を、確認。

 津田塾大学で、軽蔑を、被った、事件の他にも、各種の似非 Christianus() や、現状でも、東京地方裁判所 立川市部 民事 第三部からは、「12月24日、02月14日にと、期日、期限を、合わせる事を、試みられる」、等、その異常性が、高い。

僕の観点
 『(A)皇室の人員が、International Christian University に、進学を、行った、後から、図に、乗り、始めた』とも判断するが、『(B)他に、令和の天皇が、Freemasonry の構成員なのか』との疑いも、有るだけに、留まらず、本邦の民へ、不経済を、展開する、象徴に、成っている、可能性が、有る』(『捨て駒』と、成って、いる:当人には、自覚が、無い)とも、判断。
 故に、実は、以前に、平成の天皇宛へ、間接的な注意を、行っていたが、象徴を、隠れ蓑に、活動を、行っている、輩が、だいぶ増えているとも、判断する。
令和の天皇における、現状
 平成の時代に、「『裸の王様』(Wikipedia)とは、逆の発想で、「服を、着せた、王様」でも、同等の効果が、生じるので、警戒する、事を、宮内庁の広報課へと、伝えた事が、有る」(国家の象徴を、民の立場から、見ると、不経済に、思う、観点から、警告を、行った:早期の退官を、含む)が、その時に、「一番に、問題視されるのは、平成の天皇が、退官された、後、(当時の)皇太子が、天皇に、成った時に、警戒する、昼ようが、有る」とも、伝えていた。
令和の天皇
 (A)皇太子の時期(幼少期からの性格と、想える)から、象徴の振る舞いで、『悪ふざけ』が、過ぎる、事が、解かっており、(B)それによって、「大韓民国が、多大な、利益を、得て、いた」と、判断するにも、至っているが、(C)現行の天皇には、その自覚が、無いと、判断。
 また、(D)令和の皇后が、Diana, Princess of Wales (Wikipedia)の『二の舞を、演じる、事と、成らないように』と、同時期に、注意も、宮内庁 広報課へ、伝えていた」、程。
  • 参考

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-15 (土) 03:20:07 (109d)