立川市役所 令和元(平成31:皇紀 2679;2019)年度の自殺数

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-03-17 (火) 14:37:55
  • 段階、参照:

趣旨

 去年度に、立川 市役所の管内で、生じた、自殺者の数を、確認。

 なお、序に、平成30(皇紀 2678;2018)年度の統計も、確認を、行う。

関する、課題

傾向の観察

厚生労働省

令和02(皇紀 2680;2020)年09月24日 現在

世情の観察

報道

令和02(皇紀 2680;2020)年09月24日 現在

令和02(皇紀 2680;2020)年03月17日 現在

簡易での調査

立川市役所(公式 Web Site

令和02(皇紀 2680;2020)年09月27日 現在

 関連の頁が、有る、事を、確認。

確認

文面の作成

立川 市役所からの返答

補足
 回答の部分で、「厚生労働省が、示す、数値」との主張が、有る。
過去の経験
 嘗て、『(A)警察庁、(B)総務省 消防庁、(C)厚生労働省、(D)東京 都、(E)立川 市役所』の各統計で、「数値が、合って、無い」(数値に、相違が、有った、事)が、解り、激高(「人の死を、軽視するが、故の結果」と、判断)後、相応の調査と、改善の請求を、行った、事が、有るが、その後、『(F)自殺の認定は、裁判所が、行う、事』も、推奨(要請)。
(A)警察庁
 『死因の決断』は、捜査(検死を、含む)後。
(B)総務省 消防庁
 自傷の行為を、含め、『自損の事故』で、扱う。
(C)厚生労働省
 各地方自治体からの報告に、基く。
(D)東京 都
 主に、各区市町村からの報告に、基く。
(E)立川 市役所
 不明。
(F)自殺の認定は、裁判所が、行う、事
 孤立死、等を、含めて、『(a)個人の財産(遺留物)の処理』、及び、『(b)家主への被害を、補填(ほてん)』、『(c)他殺の可能性』(自殺への誘導的な工作、自殺の偽装、等を、含む)、等との観点から、『(あ)裁判所で、判断』、『(い)及び、処理(国選弁護人の選定を、含む)の指揮を、行う、事』の要請(推奨)も、行って、いる。(参考 国 自殺の認定は、裁判所が行う事を義務化 - 日誌/進捗/平成30年度/70

完了

理由

令和02(皇紀 2680;2020)年10月20日 現在

 「立川 市役所から、相応の返答を、得て、いる」ので、完了。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-20 (火) 16:51:47 (96d)