国 裁判所の利用者に、精神衰弱性を、生じさせる、工作を、検知

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-03-25 (水) 17:57:32
  • 段階、参照:

趣旨

 嘗て、『(A)警視庁の事案で、公務員の不良性を、追求するに、至った、後に、(a)その報復と、想われる、僕の精神を、害する、攻撃を、被ったと、判断するに、言った、事件』が、幾つか、生じて、いた。

補足
 『(B)警察庁』の事案でも、『(C)類似する、手口の工作を、被って、いた』と、判断。

 また、更に、『(C)裁判所の鑑査における、事案でも、(c)十年以上も、前から、各事案の関連で、報復を、被って、いた』が、『現在に、至っても、『(D)東京地方裁判所 立川支部 民事 第一部、及び、第三部』で、(d)僕の精神を、害する、事が、主たる、目的』と、判断する、事件が、数多く、生じて、いる。

 更に、「過去に、生じた、(A)、(B)、(C)の手口に、類似する、手口、及び、『(E)詐欺、等、犯罪でも、用いられて、いる、手口』が、(D)でも、用いられて、いた」との状態に、不審感を、抱き、『(d)各種の違憲、違法を、生じさせた、裁判体に、所属する、裁判官を、異調べると、職歴に、検事が、有る者も、多い、事』、等から、「奇妙な特徴性が、有る」と、感じ、『(Ⅰ)特定の大学、(Ⅱ)思想、宗教、(Ⅲ)違憲、違法を、働く、政治団体的(全種政治集団が、該当)な影響』、等も、観察。

評価
 『(Ⅰ)、(Ⅱ)、(Ⅲ)』の他に、『(Ⅳ)接遇の能力、(Ⅴ)該当者の性格』、等も、鑑査。
(C)裁判所の鑑査
 裁判所では、(A)、(B)よりも、高度と、成る、手口が、用いられて、いる、事に、「専門的な工作員が、居るのか」と、疑念を、抱いた、事も、有る。
(D)東京地方裁判所 立川支部 民事 第一部、及び、第三部
 (d)の観点から、「専門的な工作員が、居るのか」と、『疑念を、抱いた(抱かされた:錯誤の発生)』が、「(ⅰ)裁判官が、検事、等、職務の経験を、得て、それを、悪用、及び、配下の者が、悪用を、行う、事の黙認を、行う、事で、成り立って、いる、可能性も、有る」と、判断。
 また、「(ⅱ)書記官も、刑事の事件を、扱った、事が、有る、ならば、(ⅰ)と、同等の可能性を、疑う」に、至る。

 


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-25 (水) 19:23:34 (105d)