最高裁判所 裁判所の手続きを、献立の形式に、改善

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-03-26 (木) 01:53:13
  • 段階、参照:

趣旨

 十年以上も、前から、最高裁判所へ、『 Menu 方式』との名称を、用いた、対応の方法を、簡易的に、各別件の序に、提案。

 現在に、至っても、改善が、行われて、無い。

評価
 弁護士、司法書士、等への依存を、高める事が、目的と、判断。

 現状の対応では、「一般の国民に、利益性(経世済民性)が、無い」と、判断。

 よって、裁判所における、各種の手続を、『献立の形式』(旧の呼称が、『 Menu 方式』)に、改善を、図る、事を、求める。

関する、課題

要望

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和02(皇紀 2680;2020)年03月27日

(御意見、ご要望が、有った、事を、解りました)はい。

概要

 以前から、「『 Menu 方式』との方法で、手続を、簡略、明確化する、事」を、求めて、いた。

 今回は、改めて、「『献立の方式』との名称で、『各手続の簡略、明確化』を、行う、事」を、求める。

献立の方式
 献立の形式で、手続の過程を、明確化、一般人にも、解る、形式で、手続の接遇を、行う、事。
補足
 献立の形式では、「将来に、IT化する、事が、可能」で、『無人で、手続が、行える、事』にも、繋がる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-29 (日) 21:56:39 (101d)