最高裁判所 接遇の方法

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-03-27 (金) 23:58:21
  • 段階、参照:

趣旨

 訟廷の職員は、『(あ)事件の番号、(い)事件との関係、(う)目的』の確認後、応対を、行う、事を、求める。

 また、「担当者が、不在の場合、『(え)担当者が、いつ、戻るのか、(お)伝言は、有るか』、等の確認も、行う、事」も、求める。

関する、課題

要望

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和02(皇紀 2680;2020)年03月27日

 (御意見、ご要望が、有った、事を、解りました)はい。

概要

(一)
 職員へ、基礎の教育で、「接遇は、次の順序で、対応を、行う、事」を、求める。

事例
 訟廷の職員用
  1. 事件の番号
    • 事件の関係者か。
      • 原告、被告、他
  2. 要件の確認 - 事件の番号が、無い、場合も、同等
    • 担当の部署へ、取次
  3. 担当の部署
    • 担当者へ、取次
    • 担当者が、不在
      • 担当者が、居る、時間の情報を、提供。
      • 「担当者へ、伝言を、行うか」の確認。

(ニ)
 「民事の訴訟において、裁判所の職員(主に、書記官)が、事件の関係者に、電話で、連絡を、行った、事を、『訴訟の記録に、残さない、傾向に、有る』(書記官の判断に、委ねて、いる)のが、現状と、成って、いる」ので、それを、改めて、「全架電の記録を、訴訟の記録に、明記を、行う、事」を、求める。

(三)
 「民間の企業でも、『(ア)職員の業務を、解析、分析、等を、行い、(イ)業務の工数を、把握する、事』で、業務の効率化を、図って、いる」ので、人事局 調査課も、同等の事が、行われる、事を、求める。

苦情、及び、再要望

東京地方裁判所 立川支部 民事 二部 事務官 - 令和02(皇紀 2680;2020)年04月10日

概要

 応対の第一返答は、「(あ)東京地方裁判所 立川支部 民事 第◯部です、(い)事件の番号を、お知らせ、下さい、(う)原告、被告、以外の関係者の、どちらに、成りますか」の確認を、行い、取り次ぐ、事を、求める。

 又、仮に、担当書記官が、不在、等の状況では、「(ア)在席の時間、(イ)伝言を、行うか」、等の確認を、行う、事も、一般的な常識の範疇で、言われている、接遇かと、想われる。

 よって、「現状の事務官(並びに、一般の書記官)に、『接遇の能力が、無い』と、以前から、注意を、行って、いる」が、「現在も、改まって、無い」と、判断するに、至りつつ、先の説明(あ、い、う、ア、イ)に、伴う、「接遇の改善を、求められた」と、解されつつ、上官へと、指摘を、受けた、事を、伝え、られたい。

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和02(皇紀 2680;2020)年04月10日

概要


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-10 (金) 17:22:43 (46d)