最高裁判所 疫病に、伴い、裁判所の一部を、閉鎖する、事

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-04-03 (金) 18:14:15
  • 段階、参照:

趣旨

 疫病の感染を、避ける、目的で、裁判所の機能を、半減させる、等の検討を、行う、事を、求める。

 また、『令和02(皇紀 2680;2020)年07月未満の開廷は、裁判所から、積極的に、延期を、利用者に、求める、事』、等も、求める。

要望

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和02(皇紀 2680;2020)年04月03日

(苦情、ご意見、ご要望が、有った、事を、解りました)はい。

概要

 各学校、等も、閉鎖と、成って、いる、事情を、踏まえ、裁判所でも、令和02(皇紀 2680;2020)年07月ぐらい迄の間、『(あ)職員、(い)及び、利用者』へ、安全の配慮を、前提に、『全種の裁判体で、開廷の規模を、縮小する、事を、検討する、事』を、求める。

開廷の半減
 開廷の規模を、半減させ、来庁の人数を、減らす、事。
対処の案
 既に、令和02(皇紀 2680;2020)年07月未満で、期日が、定まって、いる、事件は、裁判所が、積極的に、07月以降へと、延期を、行う、事の働きかけを、検討する事を、求める。
職員の出勤
 変則での出勤を、検討する、事。
変則の種類
 『(あ)勤務の時間を、分けたり、(い)出勤を、行う日を、週の前半、後半で、分けたり、(う)隔週の出勤』、等。
主な目的
 通勤の時間を、極端に、ずらす事で、通勤時に、他の一般者と、接する、機会(満員の電車、人混み、等)を、軽減する。

効果の観察

報道

令和02(皇紀 2680;2020)年04月04日 現在 - 令和02(皇紀 2680;2020)年04月04日


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-07 (火) 03:44:32 (48d)