最高裁判所 安全配慮義務の違反

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-04-10 (金) 17:28:21
  • 段階、参照:

趣旨

 「裁判所(東京地方裁判所 立川支部、並びに、外の裁判所)は、職員、利用者に、安全の配慮を、行う、義務が、課せられて、いる」と、判断するが、その義務を、果たせて、無い。

 よって、最高裁判所は、配下の裁判所に、安全配慮義務に、務める、事を、適切に、監督を、行う、事を、求める。

関する、課題

簡易的な調査

東京地方裁判所 立川支部 民事 二部 書記官 - 令和02(皇紀 2680;2020)年04月10日

 知りませんでした。

概要

 「立川市役所の管内で、疫病の感染者が、発生するに、至って、いる」が、その事情を、把握するに、至って、いるのか。

東京地方裁判所 立川支部 民事 二部 主任書記官 - 令和02(皇紀 2680;2020)年04月10日

(一)
 知りませんでした。

(ニ)
 解りました。

概要

(一)
 「立川市役所の管内で、疫病の感染者が、発生するに、至って、いる」が、その事情を、把握するに、至って、いるのか。

補足
 Maskの事情も、説明。

(ニ)
 本来は、「支部長(所長)が、各情報の収集を、行い、配下の職員へと、必要な情報を、伝える、事が、統制の基本と、成る」と、想えるが、「現状だと、支部長によって、それらが、行われて、無い」と、判断するに、至る。

 よって、『(A)胴部に、居る、もう一人の主任書記官、(B)次席書記官、(C)裁判部の部長(部総括 判事)』にと、事情を、伝えつつも、「本件の苦情、等は、支部長(立川支部 所長:裁判官)宛で、対処を、行う、事」を、求める。

苦情、及び、改善の要望

最高裁判所 事務総局 人事局 総務課 - 令和02(皇紀 2680;2020)年04月10日

前提
 最高裁判所 事務総局 人事局 調査課の応対が、不可能だったので、代わりに、総務課の人員が、応対を、行った。

概要

(一)
 これ迄の経緯を、簡易的に、説明。

(ニ)
 東京地方裁判所 立川支部 民事 二部 書記官、主任書記官へ、事情の説明を、行った、時の音声(録音)を、聞かせた。

(三)
 最高裁判所は、「(あ)全種裁判所 所長へ、安全配慮強化の指示を、促されたく、(い)各種裁判所の所長は、近隣の自治体から、各種(通勤の経路、等を、含む)の情報を、集め、(う)職員の安全性を、確保、(え)利用者の安全性を、確保」を、行う、事を、求める。

補足
 本設の要望は、憲法の前文に、習い、国民の一人と、言う、立場で、要請を、行って、いる。

関する、法規

日本国 憲法(電子的政府

昭和二十一年 憲法

前文 第二段落目

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-13 (月) 16:59:30 (161d)