国 少年法適用の年齢を、引き下げる

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-05-26 (火) 19:14:19
  • 段階、参照:

趣旨

 『殺傷力を、有する、者の責任』が、問われ、故に、適用の年連を、引き下げる、事を、国家に、求める。

関する、課題

傾向の観察

法務省(公式

令和02(皇紀 2680;2020)年05月26日 現在

日本弁護士連合会(公式

留意
 僕は、「各種の弁護士会が、国会、地方・区市町村市の議会における、各法案、等に、『大衆の意識を、操作する、事』、等を、目的に、何だかの政治的主張を、行う、事(非民主)は、失当と、判断する」に、至って、いる。
非民主
 あたかも、全ての弁護士が、それ(例えば、『少年法「改正」法案に反対する決議』、等)に、従って、いる」と、一般の大衆に、想わせる、工作は、非民主主義的と、判断。
非民主主義的
 本節では、主に、『専制、隷従』(違憲:日本国 憲法 前文 第二段落目の趣旨に、反する)の体制を、意味する。

令和02(皇紀 2680;2020)年05月26日 現在

報道

令和02(皇紀 2680;2020)年05月26日 現在

関する、法規

日本国 憲法(電子的政府

昭和二十一年 憲法

前文 第二段落目

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

少年法(電子的政府

公布
 令和元年六月二十六日
改正
 令和元年 法律 第四十六号

第一条(この法律の目的)

 この法律は、少年の健全な育成を期し、非行のある少年に対して性格の矯正及び環境の調整に関する保護処分を行うとともに、少年の刑事事件について特別の措置を講ずることを目的とする。

第二条(少年、成人、保護者)

 この法律で「少年」とは、二十歳に満たない者をいい、「成人」とは、満二十歳以上の者をいう

二項
 この法律で「保護者」とは、少年に対して法律上監護教育の義務ある者及び少年を現に監護する者をいう。

第三条(審判に付すべき少年)

 次に掲げる少年は、これを家庭裁判所の審判に付する。

一号
 罪を犯した少年
二号
 十四歳に満たないで刑罰法令に触れる行為をした少年
三号
 次に掲げる事由があつて、その性格又は環境に照して、将来、罪を犯し、又は刑罰法令に触れる行為をする虞のある少年
 保護者の正当な監督に服しない性癖のあること。
 正当の理由がなく家庭に寄り附かないこと。
 犯罪性のある人若しくは不道徳な人と交際し、又はいかがわしい場所に出入すること。
 自己又は他人の徳性を害する行為をする性癖のあること。
二項
 家庭裁判所は、前項第二号に掲げる少年及び同項第三号に掲げる少年で十四歳に満たない者については、都道府県知事又は児童相談所長から送致を受けたときに限り、これを審判に付することができる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-27 (水) 20:56:19 (47d)