東京 地方 裁判所 立川支部 訴訟の記録で、廃棄分の後、どのような、記録が、残され、謄写が、可能なのか

  • 頁名: 日誌/進捗/令和03年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2021-01-08 (金) 11:18:00
  • 段階、参照:

趣旨

 訴訟の記録は、『法に、基いて、廃棄される、事』 が、有る。

 また、「廃棄後に、どのような情報が、残って、いるのか」が、不明だったので、確認を、行った。

確認

東京 地方 裁判所 立川支部 民事 訟廷 記録係 - 応対者 係長 - 令和03(皇紀 2681;2021)年01月08日

(一)
 裁判の記録は、『判決後(及び、手続の終了後)、五年で、『一般の書類』は、廃棄されます。

捕捉
 『一般の書類』には、基礎の事件に、伴い、生じた、『訴訟の救助』、『書記官、裁判官の忌避(きひ)』、等の事件が、含まれて、います。
留意
 『訴えの取下げ』が、生じた、場合、『一般の記録で、扱われ、五年で、廃棄』と、成る。

(ニ)
 また、記録の中でも、『判決書が、五十年』、『和解、三十年』の書類だけ、残され、謄写も、行う、事が、可能。

概要

(一)
 裁判の記録は、どれくらいの間、保存されるのか。

(ニ)
 廃棄後は、どのような記録、等が、残るのか。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-01-14 (木) 10:26:36 (124d)