国 外国人による入国の審査に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-05-04 (土) 12:13:17
  • 段階、参照:

趣旨

 現状の日本国では、外国人が日本国に入国する時に、指紋の摂取を行っている。

 ところが近年では、国内にて外国人の犯罪が増加、その時期により特定の国から入国する者達の犯罪が、目立つように成った。

 特に、窃盗(『空き巣、すり』等を含む)、強盗の他に、不法な薬物の販売、売春(の Network を形成、海外から売春婦を引き寄せる仲介を行う)が有る。

 特に、風俗店系の問題では、意外にも、それを利用する公務員もおり、後に結婚するに至る事例も有が、その関係(夫婦)から国家の機密が漏洩する事も懸念される。

 以上を踏まえ、近隣の諸国と警察的な協定を行い、窃盗、強盗、不法な薬物の取り扱い(『輸送に素人を使う率が高い』のかと想われ、あまり効果が無いと判断する)、売春組織に関連する人員だと解るならば、その者の入国を拒絶(入国を阻止)する体制を整える事を検討するように、要望を行った。

関する、課題

要望

文面の作成

要望先

    • 警察庁
      • 広報課
    • 法務省
      • 入国管理局 入国在留課 入国審査係

補足

 平成25(皇紀 2673;2013)年05月09日に、『政府案で、検討が、行われる、事』を、報道で、確認。

動向(経過)の観察

報道

平成30(皇紀 2678;2018)年05月26日 現在


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-17 (火) 15:38:14 (14d)