国 宗教法人権の剥奪を請求 - Jehovah's Witnesses(ジェホヴァの証人)

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、係争中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-05-04 (土) 15:56:09
  • 段階、参照:

趣旨

 日本国の憲法、並びに各法律に反意を示す団体であり、それを宗教の法人と認める理由は、無い。

 また、『ものみの塔(Wikipedia)、目ざめよ!(Wikipedia)』の母体。

 よって、日本国の民、その一人と言う立場から、国家へと、Jehovah's Witnesses (ジェホヴァの証人)の宗教法人権を剥奪するように求める。

 なお、「手始めに、『 Jehovah's Witnesses の宗教法人権を剥奪する事を、国家へ請求する』のであって、既に他宗教団体や、思想(共産、共和系では、解散の請求と成る:組織の構成員による個別的事案では、各団体へ除名の請求)への対応も検討中。

  1. 義務教育分野
    1. 国旗、国家への反意
    2. 武道教育への反意
  2. 輸血問題
    1. エホバの証人輸血拒否事件(Wikipedia
  3. 伝道と称する、戸別訪で居住者の調査
    1. 集合住宅への無許可侵入 - 不法行為
      1. 迷惑な勧誘 - 迷惑な行為
      2. 現在では、他宗教団体でも悪用されている。
      3. 別の犯罪的組織が、宗教団体構成員を装い、居住者調査を行っている事も有るのかと想われ、空き巣などの前調査に悪用される可能性が有る。
    2. 個人情報の摂取と、団体内での共有
      1. 個人情報を元に、人間関係の工作を行う特徴がある(どの宗教団体にも見られる)
  4. 王国と称した拠点
    1. 我が国には、皇室が有るのだが、それと敵対するかの如くに、拠点を『王国』と称して活動を展開している。
  5. 人格の操作 - 追記 平成29(皇紀 2677;2017)年12月12日
    1. 学生の頃から把握を行っている。
      1. 現在では、他の宗教でも同じ方法(倫理上*1、どのような方法かは、明確に行わない)が用いられていると判断。

僕の判断

 僕の判断では、本邦内で、以下のように戦略が遂行されたと判断する。

初期(Trojan horse(トロイアの木馬)
 「西洋の思想は、高度で、人を幸せにする」と信者に思い込ませ、受け入れさせる。基本的には、本邦の民でも、不経済に陥っていたり、排他を受けているような地域に入り込んでいる。それを模倣する宗教の団体は、仏教系の複数を確認。
西洋人は、かっこいい
 特に男性を使い、女性(主婦*2)を標的に、信仰の(戦略的)展開を行ったと判断。
留学生などを使う
 本邦へは、「日本語を喋る西洋人が起用され、伝道と称する形式で、各家庭の事情を調査。随時に、人材を変えて、定期的に戸別の訪問を行う」との戦略は、商業的な戸別訪問販売よりも熱心に取り組まれていたとも判断。
注意 Trojan horse
 現在では、本件の Jehovah's Witnesses に限らず、在日外国人の受け入れ等、あらゆる分野の戦略で使われている。
PC Virus と同じ
 犯罪の組織であれ、商業など、何であっても、『お友達作戦』等、「友好と同調、同等、平等」を前衛に、「相手よりも、見た目で、自分の方が比較的に優れている(魅力的)」と相手に主張する傾向にあり、外で「幸福感など、欲望を満たす、及び過剰な欲望(自己制御が不能)と想っている部分を、制限する事に(実質的には、有料で:物品などを買わされたり、謝礼や寄付金と言う形式で代価を求められる:商業的行為に基づく)協力を行う」等が多い。意識も、勉強会などの名称で開催される意識的操作(催眠術と類似する等)を介する形式で行われ、行動等も操作される。例えば、「選挙の権利*3が有りながら、それを拒絶(放棄:本邦の文化を駆逐するには、都合が好い事を)する」等は、本邦にとって害の外ない。
芸能人の起用
 主に歌手が標的にされ、取り込まれている事が解っている。高度経済成長期に展開されたと想える、Christianity Campaign に加わっている痕跡が有る。現在では、あらゆる宗教、思想、犯罪( Terrorism(テロリズム) を含む)系の団体が、模倣を行っていると判断。
第一期
 日本人の女性を取り込んだ後、次に日本国女性を使って、伝道(戸別の訪問を開始)。
標的は、男性
 「学生の頃に、何度か戸別の訪問を体験する事が有った人は、多い」かと想われ、信仰に関係なく、訪問者に好奇心を抱いて、入信する者(取り込まれた者)が居たのかと想える。
第二期
 この時期では、世間的にも(悪い)噂が広がっている時期で、戸別の訪問を嫌がられる傾向に有る。
西洋系の入植が増え、それら外国人の全てが、Jehovah's Witnesses に見える現象
 実際には、その関係で、在日外国人側でも、Jehovah's Witnesses を嫌がっている傾向に有る。
+  YouTube
第三期
 実は、「既に十分な信者が揃っている」が、『組織の主体上、肥満と成っても、組織の正当(倫理)性を保持する為に、過剰な伝道が行われた』と判断できる時期。
好印象を与えるのが目的と成らない
 逆に、『嫌がられる事を前提に、伝道が行われている』(に留まらず、相手の精神を害する事が目的)との傾向に有り、「在日外国人等の関与も有る」とも判断。
第四期
 客観的に、『共産党と変わらない、共和的の体制』が活動の総体で見えてくる。ところが、その共和の概念が、本邦の政府と異なり、『第三者の介入(この意識的戦略は、嘗て République française(フランス 共和国) で展開され、王権を失っている。現在の République française は、移民による治安、倫理観の低下が見られる。更に、同じ状態は、Российская Федерация(ロシア 連邦))、Reino de España(スペイン 王国)Ελληνική Δημοκρατία(ギリシャ 共和国)中华人民共和国(中華人民共和国)など』でも見られる。
共産党と変わらない、共和的の体制
 つまり、一つの思想に基づく、同胞主義者に過ぎない。特に信仰が無くても、組織の一員に成れる。
集団の形勢
 本邦に限らず、「あらゆる文化では、集団を形成する傾向にある」が、もともと聖書や仏教などでも、「主体は、個性的で、集団の形勢を好まず、やもえず小集団を形成するが、大規模に成った後に、組織の倫理が低下する事から、失望する」との展開は、民間の企業(起業主)など、あらゆる集団で見られる現象。主に、能力者の下で、野心を満たそうと試みる幹部によって、異常に拡張され、倫理が低下する*4傾向に有る。

 これらの戦略性に付いては、立川市役所の管轄下で生活するまで、あまり解らなかった事で、「管内の異常な宗教の多さ、その割に倫理観が異常に低いなど」等や、それらの観察から感じ得た事である。

結論
 なぜか、Jehovah's Witnesses 活動を観察すると、Anarchism(アナーキズム) に行き着く。
Anarchism
 無政府主義である。実は、「本邦の『指定暴力団』等でも、同じような思想的に行き着く事も有る」のかと想われ、他者からすれば、意外にに思うのかと想われるが、『論理式的には、行き着く答えが同じで有る事』に留意。
Jehovah's Witnesses の実働
 展開的には、無政府主義と同じような行動で、悪い君主が駆逐されると、『真の統治者が現れる事を求める』と成る。逆に、「好い君主に、逆らう理由も無い」ので、活動が自動(ある意味で自然)的に、宗教の活動が抑制される。よって、Freemasonry Rule(フリーメイソンリィ ルール) が保たれる仕組み。
つまり、本邦の王制を駆逐する集団
 完全なる Anarchism と異なり、「好い王なら、認める」との意識が刷り込まれている。「この世は、神が統治する」=「この世は、『神のような人でも』、統治を認める」との傾向にある。その観点は、オウム真理教など、あらゆる宗教で用いられる隷従論理式(意識的操作の基礎:「信者は、必ず、誰かに従う。自立心の欠如、及び隷従、専制の促進:憲法の前文における趣旨に反する」)で、僕の経世済民的活動では、悪用を警戒する対象と成っている。

対策の事例

傾向の観察

雑誌

令和02(皇紀 2680;2020)年10月10日 現在

令和02(皇紀 2680;2020)年08月11日 現在

国際

報道

留意
 この記事では、『政府による人権の侵害(民による信仰の自由を阻害)』との趣旨で表現され、それが「国際的にも人権の侵害に該当する」との表現に成っている。各国家が、「宗教と認めるのか」と言う点で、『国家の自由』も有り、国家が公認を行うに至らない団体に付いて、『記事を介する形式で、国際的な規模で第三者の意識的操作を図る工作』を疑うにも至る。なお、『 Jehovah's Witnesses 』は、他の先進国( Koninkrijk België(ベルギー 王国)République française(フランス 共和国) )等でも、Cult(カルト) と指定されている事が、公にされている。

関する、法規

日本国 憲法

前文 第二段落目

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

第十二条

 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ

宗教法人法

  • 電子的政府
    • 公布
      • 平成二十六年六月十三日
    • 改正
      • 平成二十六年 法律 第六十九号

第一条(この法律の目的)

 この法律は、宗教団体が、礼拝の施設その他の財産を所有し、これを維持運用し、その他その目的達成のための業務及び事業を運営することに資するため、宗教団体に法律上の能力を与えることを目的とする。

二項
 憲法で保障された信教の自由は、すべての国政において尊重されなければならない。従つて、この法律のいかなる規定も、個人、集団又は団体が、その保障された自由に基いて、教義をひろめ、儀式行事を行い、その他宗教上の行為を行うことを制限するものと解釈してはならない。

第二条(宗教団体の定義)

 この法律において「宗教団体」とは、宗教の教義をひろめ、儀式行事を行い、及び信者を教化育成することを主たる目的とする左に掲げる団体をいう。

一号
 礼拝の施設を備える神社、寺院、教会、修道院その他これらに類する団体
二号
 前号に掲げる団体を包括する教派、宗派、教団、教会、修道会、司教区その他これらに類する団体

*1 悪用を避ける為
*2 戦後において、あらゆる宗教の団体が、模倣を行っているとも判断。
*3 本邦での選挙権に付いては、先人の血の滲むような努力が有って、一般人が獲得を行ったのであり、特に女性の選挙権に付いては、『婦人参政権運動(婦人運動)』を介する形式で、女性達の主張により得られた権利である。
*4 花札の『893』、Blackjack(ブラックジャック)の『Bust(バースト)』と同じ。また、津田塾大学の創設者である津田 梅子(僕的な通称では、『うめちゃん』:僕は比較的に、神道)の意志と反する『阿呆のような大学の拡張』でも、見られる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-27 (火) 03:07:21 (36d)