国 人の精神を破壊する活動に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-05-26 (日) 14:01:29
  • 段階、参照:

趣旨

 近年において、犯罪や、宗教の団体や SPY(工作の)活動を含め、人の精神を破壊する事を試み、精神障害などを生じさせる活動が、増えていると判断。

補足
 工作的活動を行う者は、どのような社会的地位に有っても、精神病質者に該当する。
現状
 これまで、学者達により、工作員(工作活動者)の精神病質性を、学説の中で明確に行っている者は、少ないのかと想われる。

 一般的には、圧力( Pressure (プレッシャー) )とも言われ、排他的行為や、洗脳、恐怖心、怒り等の感情を抱かせ、他人との人間的関係に不信感を抱かせる。

 他人の意思を操る目的で行われる事が、多い。(違憲:憲法 前文 第二段落目の趣旨に反する)

 分類的に、脅迫、傷害なのかと想われ、ちなみ探偵などでも、人間的関係の工作を踏まえ、行われることが有るらしい。

  • 事例
    • 別れさせ屋など
    • 早期の退職を求める標的に対する、人事的工作など

 なお、所属する国の憲法や法律に伴い、それに副わない精神の状況は、当然に排除されるべく対象と成るのが一般的である。

  1. 焦燥感(しょうそう)を抱かせる
    1. 人間関係的不信感を抱かせる
    2. 世間的不信感を抱かせる
    3. 自己的不信感を抱かせる
  2. 恐怖感を抱かせる
    1. 監視(監察)、つきまとい
    2. 生命的な危機感を抱かせる
      1. 恐怖心を煽る - 暴力的な被害を受ける可能性を抱かせる
      2. 脅迫感

観察

  1. Christ教系 - 5団体
  2. 仏教系 - 4団体
  3. 公務機関 - 2機関
  4. 政治団体 - 3団体
  5. 暴力団
  6. 報道機関

関する、法規

日本国 憲法

昭和二十一年憲法

前文 第二段落目

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:49:47 (777d)