国 人間的関係を破壊する工作するに付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、係争中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-05-26 (日) 14:50:14
  • 段階、参照:

趣旨

 主に、『(甲)人間関係を破綻させたり、(乙)信用の失墜、(丙)他人からの信用を失墜させる』等の工作で、「人の本能(他人の個々における性格)を悪用されたり、特定者を陥れる行為」等が対象である。

事例
 公務上において機密性が高い部署に、おしゃべりな女性を配置する事で、その女性が平然と(悪意が無く)、第三者へと情報を漏らす等。
情報を回収する者が、別に居る
 おしゃべりな女性の人間的関係において、情報を回収する者が居ると想われ、宗教や政治など、各種諜報員の存在が危惧される。

 例外的に、憲法や法律、条例などの公的規律に反する人間関係では、破綻させる必要が有る。

 ちなみに、その攻撃を受けた場合には、人間関係の不信に陥る可能性もあって、その延長線上に、精神的な病に陥る事も有るのかと判断する。

 最悪なのが宗教、政治などの思想から工作活動の正当性を前提に活動する者が多く、そうした志意の外に探偵業などは、商売として、工作活動を行う。

 そうした事情を踏まえ、既に探偵業の分野では、そうした行為が不適切であると指導対象に成っているらしい。

 個人であっても、恋愛などを含めて、利己的に人間関係の工作を行う人が居る。

 それらを踏まえ、過剰なる人間関係の工作は、制限される必要が有る。

 更に、報道機関などが、過剰にと独自思想で、物事を歪め、それを公開しつつ、人間関係を大枠で破綻させる事なども懸念され、『知る権利』と異なって、「事実を歪める権利までもを報道機関に与える理由は、無い」のかと判断する。

 よって、相応な規制策を検討するよう要望を行う。 

関する、課題


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:49:47 (864d)