最高裁判所 接遇、ITに対する能力の不足

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-06-07 (金) 19:19:49
  • 段階、参照:

趣旨

 裁判所の職員は、相変わらずに接遇、ITの能力が無い事。

 よって、相応の対処を行った。

対処

最高裁判所 事務総局 広報課

(ご意見、ご要望が有りました事を)解りました。

  • 平成25(2013)年06月07日

概要

 公務員としての適正に、欠けるのかと判断できる職員を確認するに至ったが、それの状況は、その部署にと限らず、「昔から司法の分野における性質である」のかと、以前から判断をするにも至っており、その都度に注意を行っていた。

 今回は、暫くに司法の分野に関与を行って無かったので、それの延長と成るが、相応の改善を検討されたい。

 特に、30代以上への再教育を検討されたい。

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課

 (ご意見、ご要望が有りました事を)解りました。

  • 平成25(2013)年06月07日

概要

 相変わらずに、憲法の前文を含めて適切に説明が行えない。

 それらは、ITの能力が無く、接遇の能力も無いと判断する。

 よって、再教育を検討されたい。

  • [対象]
    1. 最高裁判所 事務総局 広報課
    2. 東京地方裁判所 立川支部

東京地方裁判所 立川支部

(ご意見、ご要望が有りました事を)解りました。

  • 平成25(2013)年06月07日

概要

 民事訟廷管理官を通して、諸事情の説明を行い、業務の改善を検討されたい。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:49:51 (366d)