国 同伴の遊戯業に伴う、風営法の改定

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-06-13 (木) 15:53:26
  • 段階、参照:

趣旨

 以下の点に伴い、『風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律』(俗称では、風営法)の法改正を求める。

  1. 同伴の遊戯業に付いて
    1. 店外で、遊戯にと同伴させることを業とする事に付いて
    2. 売春の防止
      1. 異性に限らない
    3. 薬物の販売を防止 - 避妊薬、指定薬物など
      1. 厚生労働省 > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医薬品・医療機器 > 薬物乱用防止に関する情報 > 指定薬物について
      2. 厚生労働省 > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療保険 > 医薬品の販売制度
    4. 未成年従業員の起用を防止

要望

警察庁

関する、法規

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(電子的政府)

平成二十九年十二月十五日公布(平成二十九年法律第八十四号)改正

第一条(目的)

 この法律は、善良の風俗と清浄な風俗環境を保持し、及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため、風俗営業及び性風俗関連特殊営業等について、営業時間、営業区域等を制限し、及び年少者をこれらの営業所に立ち入らせること等を規制するとともに、風俗営業の健全化に資するため、その業務の適正化を促進する等の措置を講ずることを目的とする。

第二条(用語の意義)

 この法律において「風俗営業」とは、次の各号のいずれかに該当する営業をいう。

一号
 キヤバレー、待合、料理店、カフエーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業
六項
 この法律において「店舗型性風俗特殊営業」とは、次の各号のいずれかに該当する営業をいう。
四号
 専ら異性を同伴する客の宿泊(休憩を含む。以下この条において同じ。)の用に供する政令で定める施設(政令で定める構造又は設備を有する個室を設けるものに限る。)を設け、当該施設を当該宿泊に利用させる営業
十二項
 この法律において「特定遊興飲食店営業者」とは、第三十一条の二十二の許可又は第三十一条の二十三において準用する第七条第一項、第七条の二第一項若しくは第七条の三第一項の承認を受けて特定遊興飲食店営業を営む者をいう。
十三項
 この法律において「接客業務受託営業」とは、専ら、次に掲げる営業を営む者から委託を受けて当該営業の営業所において客に接する業務の一部を行うこと(当該業務の一部に従事する者が委託を受けた者及び当該営業を営む者の指揮命令を受ける場合を含む。)を内容とする営業をいう。
一号
 接待飲食等営業
二号
 店舗型性風俗特殊営業
三号
 特定遊興飲食店営業

売春防止法(電子的政府)

平成二十八年六月三日公布(平成二十八年法律第六十三号)改正

第一条(目的)

 この法律は、売春が人としての尊厳を害し、性道徳に反し、社会の善良の風俗をみだすものであることにかんがみ、売春を助長する行為等を処罰するとともに、性行又は環境に照して売春を行うおそれのある女子に対する補導処分及び保護更生の措置を講ずることによつて、売春の防止を図ることを目的とする。

第二条(定義)

 この法律で「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう。

第三条(売春の禁止)

 何人も、売春をし、又はその相手方となつてはならない。

第四条(適用上の注意)

 この法律の適用にあたつては、国民の権利を不当に侵害しないように留意しなければならない。

大麻取締法(電子的政府)

昭和二十三年法律第百二十四号


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:49:52 (604d)