国 心身的な多種性の確保する

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-01-24 (木) 22:26:35
  • 段階、参照:

趣旨

前提 平成25(皇紀 2673;2013)年01月24日
 本件は、とある女性に、誓約を、行った、事項と、成る。

 労働者関係において、雇用主と雇用者の関係で成り立つが、その観点において雇用者の無知により、雇用枠が狭く成る事が解っている。

 例えば、電子化すると、業務が簡略化され、別の負担が大きい業務へと、簡略化された分の経費を回す事が行える。

 ところが、人間的関係や、人の能力における限界と、転化性(職人業において、機械的作業を人が行う場合、その人が特技的に有する業務的能力を、別業務にと転化する)が問われ、有する技能の転化性が無いと、職場の発展に遅れが生じる事も有る。

 例えば、旋盤工がComputer制御により、人材を必要としなく成れば、技術者の職が
無くなる事をも意味する。

 また満員電車での通勤などでも、今時代ならば、在宅勤務も Internet を介する形式で行える時代である。

 更に、Flex などもあって、雇用形式も多くある時代を迎え、かつ深夜の仕事でも、Internetを通して、世界中が業務に参加する状態にある。(例えば、株式市場など)

 よって、多くの雇用形式に対応をしたり、職場環境の成長に伸び悩む中小企業の職場を活性化させるべく、情報提供の部分を国家と言う立場で行う(Service)する事の提案を行う。

関する、課題

大きく三つの課題

  1. 視覚的な偏見、差別の中和
    • 内面の部分に関する偏見、差別の中和
  2. 賃金の収益に拘らず、周囲の民と共存的な働きかけ
    • 自治の体制
  3. 個人的生活を好む者が居た場合
    • その生存を脅かすことが無く、その者との共存性をも考慮する

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-09 (火) 09:39:44 (178d)