国 天皇における退位の制度

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-01-29 (火) 15:02:50
  • 段階、参照:

趣旨

 現状での天皇制では、即位後から、終身まで、その地位を、維持する、事に、成る。

 その場合、『本人の意思における、自由』と、言う、観点を、想えば、「奴隷的にと、拘束するのは、違憲的で、ある(憲法 前文 第二段落目、並びに、第十八条)」のだから、それから、免れるべく、法規の設定を、行う、必要が、有る」と、想われる。

確認と、要望

 宮内庁、及び、内閣府へと、問い合わせを、行い、現状を、確認。

宮内庁 長官官房 総務課 報道室 - 平成25(皇紀 2673;2013)年01月29日

概要

 秘匿。

関する、法規

日本国 憲法(電子的政府

昭和二十一年十一月三日 憲法

前文 第二段落目

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

第十八条

 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-08 (水) 18:41:43 (37d)