国 外国人学校に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-08-05 (月) 21:39:28
  • 段階、参照:

趣旨

 本邦の経済的負担における、原因に、外国人による、部分が、過剰と、成って、いる。

 その主な原因に、「外国人が、(A)本邦の文化を、理解せずに、(B )祖国の文化(主に、思想、宗教)を、過剰に、強調を、行う、事で、(C)周辺の住民と、馴染め、ない、傾向に、ある」と、想われる。

(C)周辺の住民と、馴染め、ない、傾向に、ある。
 他の国民、等と、対立の原因に、成って、紛争と、成る、事も、有る。
抑圧された、家庭
 「本邦の民から、『軽蔑、偏見を、抱かれて、いる、等』と、思い、込んで、いる、家庭内の状況」では、当然に、健全な外国民が、育つと、想え、無い。
家庭外でも、本邦の民に、対する、嫌悪感を、抱かせる、試みが、生じて、いる。
 学校の外に、「何だかの思想、宗教を、介する、形式で、子供、等に、刷り込み、工作(本邦の民に、対する、嫌悪感を、抱かせる、試み)」は、極普通に、生じて、いると、想える。

 又、「十五歳未満を、対象とする、外国人学校で、教えて、いる、学習の内容に、問題が、有る」とも、想われ、「本邦の義務的教育と、『同等に、成って、無い』のならば、学校法人だと、認める、理由が、無い」とも、想える。

 よって、相応の対策を、求めた。

調査

 文部科学省 大臣官房 国際課に問い合わせを行った。

文部科学省 大臣官房 国際課 国際協力企画室 - 平成25(皇紀 2673;2013)年08月05日

 International School(インターナショナル スクール)は、学校の形式に規定が無い。

 また、他の外国人学校に付いては、認可の有る学校と、無い学校が在る。

要望

 認可が無いならば、学校と言う名称を使わせないように、検討されたい。

文部科学省 生涯学習政策局 生涯学習推進課 専修学校教育振興室 - 平成25(皇紀 2673;2013)年08月05日

 憲法の規定では、『義務教育が課せられているのは、国民のみ』であり、外国人に義務が課せられて無い。

要望

 過剰な差別的行為が逆に、日本国経済の負担に成る事も有るので、改められたい。

 逆に、日本国の民であっても、問題視される部分が有り、基本的に20歳を過ぎても日本国内で生活をする予定ならば、日本人(公立)学校にて義務教育を学ぶようにと、外国人に勧められたい。

動向(経過)の観察

立川市役所

平成30(皇紀 2678;2018)年06月21日 現在

 広報紙にて、『外国人学校に通う児童・生徒の保護者に補助金を交付』との公告を確認。

  • 参照
    • 立川市役所 > 市政情報 > 広報 > 広報たちかわ > 広報たちかわ2018年(平成30)年発行分 > 広報たちかわ 2018(平成30)年2月10日
      • 3面(PDF:302KB) - 外国人学校に通う児童・生徒の保護者に補助金を交付
補助金
 児童、生徒の一人に付き、月額二千円の支給。
条件(対象)
 (あ)立川市役所の管轄下で居住、(い)住民基本台帳にも登録されており、(う)児童、生徒の授業料などの負担を行っている保護者
不明確な部分 平成30(皇紀 2678;2018)年06月29日
 本節における『外国人学校の定義』が不明。よって、調査を行う。

関する、法規

日本国 憲法(電子的政府

昭和二十一年憲法

第二十六条

 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。

二項
 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

学校教育法(電子的政府

公布
 平成二十九年五月三十一日
改正
 平成二十九年 法律 第四十一号

第一条

 この法律で、学校とは、幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校とする。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-12 (土) 16:42:08 (83d)