最高裁判所 事務総局 広報課における対応に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 早急
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-08-09 (金) 13:52:41
  • 段階、参照:

趣旨

 相変わらず、問合せ者からの内容を十分に理解せず、返答する職員が居るので、相応な対処を行った。

 なお当方では、最高裁判所から、侮辱、軽蔑を受けたと判断して、今月の経済活動は、以後において休止する。

  • 平成25年08月09日

状態

 該当の女性は、名前を名乗りつつ、開き直った違和感の有る対応を行い、公務員として不信感を抱くに至った。

 また、該当の女性職員が一般人を、軽蔑的に見下していると判断している。

 よって、「最高裁判所の職員ですら、一般人を見下した対応(公務品質が、一般の民間企業よりも遥かに劣る)に基づき、『そんな国家を護る理由は、国民として無い』と言う心境に至った」ので、経済的活動の休止を行う。

 なお、もともと僕には、経済的活動の遂行的義務は、無い。

調査、対処(要望)

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課

(ご意見、ご要望、調査の要請が有りました事を)解りました。

概要

(事の詳細を説明した後に)

 該当の人員に対して、『(甲)接遇の再教育を行うか、(乙)現職から排除する事を検討』をされたい。

  • 平成25年08月09日

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:50:07 (367d)