警察庁 広報室人員における全入換えを請求

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-08-12 (月) 17:59:06
  • 段階、参照:

趣旨

 「国家公安委員会へ、願い出る必要が有る」のかと想われるが、もともと不信性が高いので、総理大臣官房を介する形式等で、人材の変更を請願する事を検討する。

 また、本件の遂行における予備的対策を、別経路にて確保する。

評価

 「公務員の自立性が無く、Robot のように活動する場合には、政治や宗教など、何だかの意図で、操作( Mind Control )されている」と判断でき、相応な対処を兼ねる。

  • 警察庁 長官官房総務課 広報室

実験

 簡易的に、「(A)対話の相手が、孤立感を抱いている、(B)行政の機関に、不信感を抱いている』との状態では、適切に応対が行えておらず、逆に『(C)行政に反感を抱かせる対応を行った』(国家公務員法 第九十九条)との観点から、そような公務員を、『(a)排除、(b)再教育』を検討するように求める。

 つまり、「公務員による、『一般人が、行政の機関へ、不信感を抱かせる活動』を、阻止する」為である。

調査の課題

 「宗教、思想、政治の団体側では、意図的に、国民を広く操作する傾向が有り、近年においては、過剰と成っている」と判断、それに付いて国家公安委員会側も黙認を行っているとも判断でき、国家公安委員会の内部に、宗教、思想等の人員(工作員)が、働きかけている事の想定を行いつつ、調査も行う必要性が有ると想える。

長時間の説明

 現状では、「(人材に対する教育が、不十分な為に、)警察庁の広報における人材と言葉の交わすのは、かなり苦痛」と成っており、『(甲)電話代、(乙)説明の労力、(丙)時間の浪費』が、他の省庁と比べて、多く成っている。

Sadism Masochism(S M) 癖の有る人材

 「異常な性癖の有る公務員は、国民との間で、不和を生じさせる事が多い」と判断、それらの関係で、『人材に対する適正の検査を実施する必要が有る』と想える。

精神的な苦痛を、快感に想う輩
 実は、米国など各国でも問題視されており、「判事が性遊具を、法服の下に身に付けつつ、開廷中に、被告へ見せ付けていた」等の事件も生じている程。外に、特定の上司から罵声を受ける事に快感を感じる輩は、故意に怒られる行為を行う等、問題視されている。

処理手段の検討案

  1. 行政処理案
    1. 国会経由
    2. 国家公安経由
  2. 自浄作用を目論む工作
    1. 対話記録の一般公開

関する、法規

国家公務員法(電子的政府

公布
 平成二十七年九月十一日
改正
 平成二十七年 法律 第六十六号

第九十九条(信用失墜行為の禁止)

 職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

 


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-24 (水) 11:10:25 (47d)