警察庁 失踪中の未成年者を匿う大人に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-08-21 (水) 15:10:08
  • 段階、参照:

趣旨

 昔から、『(A)未成年者、等の家出人(失踪者)を、(かくま)う、大人が、居る』のが、どこの国でも、生じて、いる、世情。

 近年だと、『(B)単身者が、同居(内縁)的に、匿う、事』も、有り、それ以外に、『(C)拉致的に、監禁される、事件』も、生じて、いる。

留意
 『(D)既婚者が、(めかけ)を、囲う』、『(E)既婚者との愛人関係的な生活』(法律の観点で、『(a)事実婚』、『(b)内縁』との言葉が、用いられて、いる)は、古来から、生じて、いる。
捕捉
 人類史、及び、各国の文化、等に、習えば、「一夫多妻(参考:一妻多夫も、有る)の概念は、古来の文化から、有り、人に、限らず、他の生物でも、見られ、『生存競争的戦略に、基く』とも、想える。

 「児童の買春と、同じ」で、法的な設置も、求められるが、(来年度の)夏休み、等の時期を、踏まえ、「広く、注意を、促す、必要も、有る」と、判断。

 よって、それらの防止策を、検討するに、至る。

関する、課題

調査

事件

 実際だと、失踪の外に、拉致、監禁の事件も、生じて、いる。

 それらの事件を、模倣する、映画も、有るが、逆に、映画の影響で、模倣な事件が、生じて、いる、危険性も、有る。

+  YouTube

 現状的には、「映画の内容を、模倣する犯罪」と、解する方が、適切と、判断。

予防

 児童が、家出を、行う、原因には、『家庭の問題』(貧困、夫婦の不和、等)が、原因と、成って、いる、事が、多い。

 そこで、公共の機関(各地方自治体の単位)で、『児童の家出前相談室』、等の設置を、行う、事を、求める。

要望

警察庁 長官官房総務課 広報室 - 平成25(皇紀 2673;2013)年08月22日

要望

 家出を、検討せざろえない、事情の有る、子供達が、警察の Website を、訪れた時、適切な機関へと、相談を、行えるように、検討されたい。

 又、「家出を、求める、子供達が、相談を、行える、相応な機関が、各都道府県の自治体に、無い」のならば、それの設置を、行うように、『(あ)各都道府県の公安委員会、(い)各知事』へと、「自治的な観点から、相応の部署を、管轄内に、設置する、事が、必要だ」と、進言を、行う、事を、求めた。

 なお、『映画(『完全なる飼育』等)の影響による、模倣犯と、想われる、事件も、生じて、いる、事』から、「映画の規制も、必要」と、想える。

経過の観察

映画

平成30(皇紀 2678;2018)年08月07日 現在

 『完全なる飼育』に付いては、『第8作 TAP 完全なる飼育』が、平成25(皇紀 2673;2013)年2013年11月09日に公開されて以降、連番的な製作は、行われてない。

事件

令和02(皇紀 2680;2020)年08月06日 現在


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-06 (木) 14:42:57 (4d)