警察庁 同庁に関連する報道の考え方

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 低
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-08-22 (木) 18:23:59
  • 段階、参照:

趣旨

 広報室の人員が、適切に対応を行えて無い。

事例
 Website に記載の有る情報でも、その説明すら行えない程。

 更に、「国家公務員の地位に有りながら、民間の企業で行われている接客(接遇)の能力よりも、劣る」との状態にあって、人望的な信頼性にも欠ける(国家公務員法 第九十九条)。

 よって、現状を改めるように求める。

 なお、無能な幹部によって、部下の統制を図れない状態と成っている可能性を疑うにも至る。

経過的な観察

平成30(皇紀 2678;2018)年11月29日 現在

 数年間に、経過的な観察を行っていたが、(あ)徐々にと、良い傾向に成っているので、(い)以後においては、(ア)職員による自主的な改善や、(イ)他者からの意見に伴う、改善に、期する。

補足

 最近の僕は、時代的な流れの観点から『(一)直接の問わせから、(ニ)電子的な問合わせ』へと、徐々に切り替えている。

関する、法規

国家公務員法(電子的政府)

平成二十七年九月十一日公布(平成二十七年法律第六十六号)改正

第九十九条(信用失墜行為の禁止)

 職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:50:11 (604d)