警視庁 懲戒請求に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-08-27 (火) 22:40:08
  • 段階、参照:

趣旨

 警察官に対する懲戒の請求を行う方法を確認。

調査、要望

警視庁 - 平成25(2673;2013)年08月27日

 警察法・第79条に定めが有り、『(あ)公安委員会(い)監察官』へ、文面にて請求が行える。

要望

 警察法・第79条の事情に付いては、HP等で、広く国民にと明確にされてないので、それらを明確にされたい。

 また、今時代であれば、雛形を PDF の形式にて公開もされたい。

 なお、公安委員会のHPに、説明や雛形が有る場合には、そこへの Link を記載されたい。

関する、法規

  • 追記
    • 法規へのURL
      • 記載されている条文は、記載時の内容を保持。

警察法(電子的政府

公布
 平成三十一年四月一日
改正
 平成三十一年 法律 第十三号
※ 留意
 平成28(皇紀 2676;2016)年12月03日の掲載後から、上記の公布日まで、第七十九条の改正は、無い。

第七十九条(苦情の申出等)

 都道府県警察の職員の職務執行について苦情がある者は、都道府県公安委員会に対し、国家公安委員会規則で定める手続に従い、文書により苦情の申出をすることができる。

二項
 都道府県公安委員会は、前項の申出があつたときは、法令又は条例の規定に基づきこれを誠実に処理し、処理の結果を文書により申出者に通知しなければならない。ただし、次に掲げる場合は、この限りでない。
一号
 申出が都道府県警察の事務の適正な遂行を妨げる目的で行われたと認められるとき。
二号
 申出者の所在が不明であるとき。
三号
 申出者が他の者と共同で苦情の申出を行つたと認められる場合において、当該他の者に当該苦情に係る処理の結果を通知したとき。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-24 (水) 11:46:13 (51d)