国 過剰な抗議活動の対処に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 低
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-10-25 (金) 13:05:49
  • 段階、参照:

趣旨

 平成25(皇紀 2673;2013)年08月01日から、生活保護の支給率が減額的に見直された。

 その関連で、厚生労働省などに、過剰な抗議活動を行う輩が発生するに至っている事が分かった。

 それにおける同庁側の対処に付いて、再検討されるように、要望を行った。

 なお基本は、不適切な抗議の活動を行う事への抑制である。

関する、課題

要望、調査

厚生労働省 - 平成25(皇紀 2673;2013)年10月21日

概要

 まず、実際に抗議が発生するに至ったのか(発生の有無)を確認後、「発生が有った」との確認をするに至っている。

 それに伴い厚生労働省側では、『(一)まず警察に通報を必ず行い、(ニ)抗議(街頭での宣伝)活動において、「警察の許可を得ているのか」を確認、(三)更に、「街頭の活動で、他他者への迷惑行為(騒音、広告配り)等が生じてないか」を、警察に調べてもらう事を要請する」等、それらを(厚生労働省側の)基本的公務の一部に、検討するよう要望を行った。

警察庁 長官官房 総務課 広報室 - 平成25(皇紀 2673;2013)年10月21日

要望

 各省庁の門前等にて、所管と成る業務の方針に対する抗議の活動が行われていた場合には、『(一)その活動許可を得ているのか確認され、(ニ)拡声器を使っている場合には、その音量が騒音や迷惑行為に値するかの調査を行う』等が求められるので、それらを検討されたい。

 なお、抗議活動者を警戒する為にも、霞ヶ関など(の地域)では、定期的に巡回するように検討されたい。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-26 (金) 15:37:09 (40d)