国 自衛隊、消防庁、警察版のFPS GAME

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-02-12 (火) 12:53:32
  • 段階、参照:

趣旨

 米国には、America's Army と言う、米軍が開発を進めている、Internet を経由して行われる軍事 GAME があって、『無料配布(Freesoft)』されている。

+  YouTube

 その形式は、FPS(First Person shooting game:本人の視点) 形式で行われ、相応の PC 機能があれば、世界中の誰でもが、GAME に参加する事が可能。

 そして『本邦の自衛隊版でも、FPS の GAME を造る事が可能』と想われ、それの打診を国家側に行う。

軍事のFPSなどに付いて

 近年では、Internet を経由して、世界的規模で参加が行える On-Line GAME としても展開され、その内容が現実的描写も多くあって、問題視されている。

 また、『 Netgame 依存症 』との観点などからも、風営法の適用が検討される必要が有るのかとも想われる。

自衛隊版のFPSに付いて

 今回に期待をする自衛隊版では、「主に大規模災害時の発生に付いて自衛隊がどのように活動しているのか」を、一般人に理解されるべく内容と成る。

  1. 大規模災害の救助活動
    1. 交通路の確保
      1. 道路の舗装
      2. 空中からの支援
    2. 食料の搬送
      1. 食料、水などの配布
  2. 軍事的な侵略者の排除
    1. 領海、領空、領地の無許可進入
      1. Scramble(スクランブル)など

類推的に、消防、救命でもFPSを打診する

 これは、序ながら消防の分野でも重要視をされる。

 消防における防災の活動も、広く一般人に理解される為にも重要視をされ、遊びながら理解が可能と成る。

 例えば、渋滞、細い路地、密集地で火災、救命士が日々に苦悩する事情を理解されるような内容と成る。

+  YouTube

中華人民共和国でも

 『栄光使命』と言う名称の FPS が、販売されているらしく、人民開放軍の練習用にと開発された物らしい。

  • 参照
    • Newsweek 2013.02.05 P22

簡易的な要望

先行的な要望

 先行して、以下の部署口頭で伝えた。

  • 平成25(皇紀 2673;2013)年05月09日
    • 防衛庁
      • 大臣官房 広報課
      • 統合幕僚監部 報道官

後での調査

問題点

 GAME の時に、Download をする MAP や通信経路を使って、PCへと不正侵入、及びPC 内部の設定等を、改ざんされる恐れが有る事が判った。

見解(本件の課題における結論) - 平成25(皇紀 2673;2013)年11月29日

  • 再編集
    • 平成28(皇紀 2676;2016)年07月05日

 当方で用意していた Honeypot PC を使い調査を行ったところ、GAME の本体の MAP と異なる亜種の MAD Map を公開して、そこに入って来た人に対してHackingを行うらしい。

  • 語句
    • Honeypot
    • Hacking
    • MOD

 辞書の内容を見られたり、Graphic Board の設定を改ざんされ、Blackout(Monitor 側と PC の通信が途絶え、画面が真っ暗に成る)の状態と成ったり、色々と仕掛けられた。

+  YouTube

 それらに基づき、「 MAP 等の Download や通信回線を通して Hacking される事があって、それらにおける Security を維持するのは、難しいと判断するに至る事」から、本件での課題結果としては、『 正式な要望を断念する事 』に決定。

 また僕に、防御の体制が十分に整った時期を迎えたら、再検討をする。

 それが、10年、20年先に成るのかは、不明。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-25 (木) 15:22:08 (44d)