国 男性警察官による接遇能力の欠如

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2013-10-26 (土) 09:01:38
  • 段階、参照:

趣旨

 男性警察官の対応が、女性家の警察官に比べると、倫理観に欠ける事が多く、特に三十代以上の世代で生じる事から、その世代における再教育を求める。

調査、要望

警視庁 広報課

 ご意見を承りました。

 再研修に付いては、現状だと入庁後に、定期的な研修が設置されています。

  • 平成25(2673;2013)年10月22日

概要

 比較的に、男性の警察官は、昔から威厳(いげん)、威嚇(いかく)的な対応をする事がある。

 例えば、自らの事を『わし』っと称する傾向に有り、「俺は、学歴が無いから解らない」や、「法律に詳しくないから。あなたは、法律を知っているようだから・・・」等っと言いつつも、相手の対応を拒絶する事もあって、女性の職員と比較すると、明らかに男性職員による横柄さが目立つ。

 特に、30代以上の男性警察官に多く見受けられ、僕的に10年以上も前から、「一般人との接遇を改められたい」との旨は、行政機関側へと伝えており、現在だと新人に相応な教育が行われているいるが、現状で『再教育を必要とする世代(三十代以上)』とも想われ、それを検討するようにと、要望を行った。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:50:17 (607d)