転居 田舎で生活する準備と目論見

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 事業部
  • 投稿日: 2013-10-27 (日) 12:40:16
  • 段階、参照:

趣旨

 もともと田舎での生活を想っていた事も有り、それらに基づく準備と目論見を明確にする。

補足
 倫理性の観点からも「日本国は、立憲国であって、法治国家でもある」が、過剰に規律を設置する傾向にあり、それによって一般人の自由が阻害されており、且つ規律に従い難いとされるのが、現状。また、憲法の前文ですら、公務員が健忘する状態にあって、将来への希望を国家に抱くと言うには、至らない。更に、僕が立川市役所の管轄下で在住中に受けた、色々な事件(宗教、思想や政治の工作も有った事)に伴う失望感から、海外での生活も検討するに至っている程。

目論見

 過疎化、高齢化などにおける経済性の衰退を防御する観点を踏まえ、且つ途上国の経済性における問題にも応用する事が趣旨と成る。

課題

  1. 農業の衰退
    1. 高齢化の問題
    2. ITと農業
  2. 過疎化の防御
    1. 若者に魅力ある街づくり
    2. 都心部に居住する人達の交流
  3. 高齢化の対策
    1. 高齢でも健康を維持する環境
  4. 児童の教育
    1. Amateur 無線の研究
    2. Internet 活用
  5. 創価学会、公明党が、居ない自治

却下

理由

平成30(皇紀 2678;2018)年12月02日

 田舎で生活する事を考える余裕が、無い。

代替的な調査

他者の体験を、観察する事で、客観的な学習

令和元(皇紀 2679;2019)年05月08日 現在

 今時代では、Internet 上に、多くの情報が、記載されており、動画も、投稿されているので、それらの情報を、見付けたら、随時に、学習を、行う。

 以後においては、学習の詳細は、新たな課題が、設置された外は、記さない。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-11 (火) 06:36:59 (38d)