国 医師、、医療資格に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成25年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案
  • 種別: 鑑査の活動
  • 投稿日: 2013-02-17 (日) 16:35:10
  • 段階、参照:

趣旨

 「近年では、医学的な分野も、年々に、高度化されて、いる」が、「その技能、等が、過剰に、成って、いる」と、想われる。

 又、「資格も、各分野で、専門的にと、分散を、行っても、良い」と、想える。

 例えば、医師の資格を、有する、者は、その資格性から、自由に、各科を、選ぶ、事が、可能と、成る。

 逆に、専門の分野における、知識、等が、新たに、必要と、成る。

 それらを、踏まえて、要素( I T )Information Technology の分野でも、適用されて、いる、『役割の分散で、資格を、設ける、事』(『基礎、専門、特殊』で、資格を、分ける、事)を、求める。

補足 - 追記 令和02(皇紀 2680;2020)年11月01日
 もっと、一般人に、解り、易く、説明を、行う、ならば、『自動車の免許と、同等に、段階的な資格の設定を、行う、事』で、「専門性と、雇用の枠、及び、資格習得者の拡大を、行える」と、想える。
資格習得者の拡大
 「(あ)国内では、過疎の地域で、若者が、活躍を、行える、機会を、増やせたり、(い)海外の途上国、等でも、活躍の場が、広がる」と、想える。
類推
 この案件(資格の分散)は、司法の分野でも、類推の形式で、提案を、行う。

資格の分類に付いて

  1. 診療(診断)士
    1. 往診
    2. 検査
    3. 一般の助産
    4. 処方の指示
    5. Roentgen(レントゲン)、RI
  2. 病院医師
    1. 精密検査
    2. 病気の特定
    3. 簡易的な手術
  3. 病理技師
    1. 原因不明な病気の解明

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-01 (日) 11:19:18 (165d)